スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
ブラヘアの種まき
銀葉のブラヘアの種子を入手しましたので数年ぶりにヤシの種をまいたろう。

せっかくなので種まきの手順をざっと紹介します。
自己流なので参考になるかわかりませんがこんな方法もあるとうことで。

まず、種の状態をチェック
虫食いはないか、カビてないかなど
次に水に浮かべます。
この段階で浮いた種子はシイナか腐っている可能性があります。
次に24時間そのまま水に浸します。
十分水を吸わせた状態にします。
それを湿らせたヤシガラやピートモスにまぶしてビニール袋に密閉します。
あとは高温が保てる場所で管理

発芽すれば白い芽が袋ごしに見えるのでそうなったら鉢上げします。
発芽するまでに数日から数年かかるので気長に待ちます。
【2017/07/22 08:39 】 | ヤシおりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
メキシコソテツの発芽率実験
いやまったく暑いですな。
7月ってこんなに暑かったでしたっけ?
日中は畑で作業すると熱中症の危険性があるので最近畑に行く時は早朝にしています。
早朝畑にいくとすでに作業している人が大勢
6時だよ全員集合

てなわけで今日も午前中涼しいうちに畑に行っていたずらしてきました。
どんなイタズラかというとソテツの種まき
それも巨大種子でしられたメキシコソテツです。
ソテツを畑に直播きは初めての経験なのでどのような結果になるか楽しみです。

フロートテストをして浮いたのと沈むのが二対一
浮いた種子も質量がしっかりあるので捨てずに蒔きました。

こちらが沈んだ種子
onebythreeblog_20170722_1.jpg
こちらが浮いた種子
onebythreeblog_20170722_2.jpg

発芽率に差が出るでしょうか?
畑は高温になるので、水撒きしたあと枯れ草でマルチングしてきました。
【2017/07/16 12:25 】 | ソテツおりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
閉店のお知らせ
昔々あるところにTPseedという種屋さんがありました。

お兄さんはアジアの山へ柴刈りに、お姉さんはビーチリゾートでバカンスに行っていたのは昔の話
今ではお兄さんはおじいさんとなり柴刈りへの情熱を失ってしまいました。
かわりにお姉さんは植物愛に目覚め熱帯植物をプロデュースすることにしました。

というわけで昔あったTPseedはサイト管理者が多忙となり、植物へのパッションが減退したことにより閉店します。
かわりに2017年7月からはお姉さんが運営するRafflesia Research(RR)がワンバイスリーやこのブログで紹介しているヤシをはじめとする熱帯植物を専売します。

Rafflesia Research(RR)では熱帯植物のほか、手作りの園芸用ポットカバー、さらに世界中から選りすぐったラフレシアグッズを販売するそうですよ。

Rafflesia Research(RR)さんのURLはこちらです。
https://rafflesiares.thebase.in/

ぜひお姉さんのお店をご訪問ください。
【2017/07/10 21:39 】 | 熱帯種苗 | コメント(0) | トラックバック(0)
数年ぶりの出品
数年ぶりにヤフオクに出品してみました。
とはいえ自分は出品から引退
ブログの使い方も完全に忘れとる、、、寄る年並みにはかないませんな
3168_1.jpg
3169_1.jpg
3168_1.jpg
3165_1.jpg
3166_1.jpg
【2017/07/05 20:21 】 | 熱帯種苗 | コメント(0) | トラックバック(0)
生きてます
何年かぶりにブログにログインしてみた。
元気に生きてますよ。
ヤシソテツは随分枯れた、、、DSCN0729.jpg
【2017/06/25 22:34 】 | ヤシおりおり | コメント(6) | トラックバック(0)
Blue Mediterranean Fan Palm
Chamaerops humilis var. cerifera
地中海沿岸、モロッコのアトラス山脈1700mに自生する青いヤシ
チャボトウジュロの変種とされてます。
成長は極めて遅いです。
きっと環境が合ってないんでしょう。
かなり青いです。
3127_2.jpg
3127.jpg
【2014/11/15 21:30 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
Livistona nitida
のっぽのオーストラリア産ビロウ
幹高30メートルつうことです。
オーストラリアのビロウは成長が早く耐寒性が強いものが多いので育てやすいけど、成長が早すぎてすぐに鉢がパンパンになってしまいます。
3126_2.jpg
3126.jpg
3126_3.jpg
【2014/11/15 21:27 】 | ヤシおりおり | コメント(1) | トラックバック(0)
Thai Mountain Fan Palm
Trachycarpus oreophilus
タイ北西部の山岳地帯2000mに自生するシュロ
耐寒性はばっちりでうちだと屋外で越冬できます。
例によって葉裏は白くていいかんじです。
3125_3.jpg
3125_2.jpg
3125.jpg
【2014/11/15 21:18 】 | ヤシおりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
またまた出品
耐寒ヤシメインでまたまた出品~
でも今回は秘蔵っ子のLicuala ramsayiiをだしました。
画像1枚目ね
オーストラリアに自生する大型リクアラ
円形葉が特徴的です。
成長が早く寒さにデリケートではないのがいいところ
耐寒ヤシもいいけど亜熱帯や熱帯のヤシはエレガントでええです。
3121.jpg
3122.jpg
3120.jpg
3118.jpg
3119.jpg
3123.jpg
【2014/11/03 17:27 】 | 熱帯種苗 | コメント(0) | トラックバック(0)
そろそろ冬越しの準備
11月に入ると霜がおり始めるので温室の越冬準備してました。
この三連休であらかたやってしまわないと
今日は雑草ぼうぼうの鉢のメンテナンス
少しはすっきりしたかな
夏の管理が悪くて作落ちしている株がチラチラあります。
こまめに見なくちゃ駄目ですね
onebythreeblog_20141101_5.jpg
onebythreeblog_20141101_6.jpg
【2014/11/01 20:01 】 | ヤシソテツ温室 | コメント(4) | トラックバック(0)
前ページ | ホーム | 次ページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。