FC2ブログ
ヤシおりおり vol.160 最も赤いヤシの近縁種
いよいよ来ましたキャンドルマスもといクリスマス
キャンドルマスはデスメタルバンドでした・・・ハハハ
クリスマスというと赤い服を着た人物を連想しますが、案外最近のキャラクターだそうで
1821年出版の本で、例のイメージが流布されたとか。
まあ、クリスマスといえば赤ということで、本日のヤシおりおりも赤いヤシをいってみよう。
Livistona rigida Becc., Webbia 5: 19 (1921).
オーストラリア原産で日本のビロウの仲間です。
クイーンズランド州北西部からノーザンテリトリー州に分布しています。
乾燥地帯ではなく、低地にね。
このヤシの特徴はなんといっても銅色の葉にあります。
同じく真っ赤な葉で有名なLivistona mariaeとは近縁で、同じ目的で楽しめます。
幼苗のうちは全日照下で栽培することで、すばらしいカラーリーフを鑑賞することが可能
また、かなりの耐寒性もあるとされており、野外越冬の期待がもてます。
zone8b-11
onebythreeblog_20101223_5.jpg
栽培は容易で成長が遅いヤシの中ではきわめて早いです。
画像の中は2009.2.22播種の実生苗
まだ特徴ある赤い葉がでていません。
まだ幼苗なので霜がかからないように納屋に取り込んでいるので赤みが差さないと思われます。


参考文献

An Encyclopedia of Cultivated Palms
Palms Throughout the World
2011.9.3追記
最近の様子を撮ったので追加アップ
かなり成長が早そうですね。
onebythreeblog_20110902_03.jpg
赤みを帯びています。
現状のところマリアエと区別付きません。
onebythreeblog_20110902_04.jpg
【2011/09/03 09:25 】 | ヤシおりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
<<マニラ麻 | ホーム | ヤシおりおり vol.166 なにゆえの酷い名前 ゾンビヤシ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |