FC2ブログ
ヤシおりおり vol.142 マダガスカル発 成長激遅マソアラ その2
部屋に取り込む苗を整理してたらまだ紹介していないヤシがたくさん出てきたので順を追って紹介するべえ。
以前、ヤシおりおり vol.64 マダガスカル発 成長激遅マソアラ
で紹介した、マソアラの別種
Masoala kona Beentje in J.Dransfield & H.Beentje, Palms Madagascar: 425 (1995).
マソアラ属は現在のところこの2種だけの記述されてます。
マダガスカリエンシスは北東部産ですが、本種はイファナディアナと呼ばれる中部地域産
konaとは現地でこのヤシをコナとかコグネと呼んでいることにちなみます。
onebythreeblog_20101120_4.jpg
単幹、羽状のかなり大型のヤシで、幹は7メートルを超えます。
葉はアーチせずぴんと伸びるため、樹冠はバドミントンのシャトル状になります。
onebythreeblog_20101120_5.jpg
耐寒性はほとんどないと思われます。
成長は早くは無いけれど着実なほうかな
画像の幼苗は2009年6月13日実生


参考文献

An Encyclopedia of Cultivated Palms
Palms Throughout the World
【2010/11/21 22:20 】 | ヤシおりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ヤシおりおり vol.143 初心忘れるべからず 耐寒性のある棘リクアラ | ホーム | ヤシおりおり vol.141  トノサマオヤマヤシ キューバの大きな羽状ヤシ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |