FC2ブログ
ヤシおりおり vol.140 ダイヤモンドはジョーイだけではないのだ
久しぶりにヤシおりおりを一席いってみよう。
Licuala grandis H.Wendl., Ill. Hort. 27: t. 412 (1880).
という掌状ヤシ
掌状といっても小葉が分かれない扇状、あるいはダイアモンド状のラウンドリーフが最大の特徴
リクアラ属を代表する象徴的なやつです。
単幹のヤシで成長すると幹は3メートルを越します。
先日見に行った水戸の植物園にて結構なサイズの株があったのでパチリ
onebythreeblog_20101101_2.jpg
葉先に痛みがありますね。
ここまでのサイズになれば全日照に耐えれると言うことなので、その他の要素、たとえば、湿度や温度がこのヤシの好みに合わないんだと思われますが、それでもこのサイズまで育っているのは、このヤシの強健さの証だと思う。
熱帯のヤシの中ではショウジョウヤシに次いで普及しているので、観葉植物の専門店や高級園芸店なんかで入手できると思われます。
太平洋のバヌアツがルーツと考えられていますが、その周辺の島々で普通に見られるようです。
強健とはいえ耐寒性は無く、10b以上が必要で、おそらく湿度も高ければ高いほど喜ぶと思いますよ。


参考文献

An Encyclopedia of Cultivated Palms
Palms Throughout the World
【2010/11/02 19:45 】 | ヤシおりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ほんとうに久しぶり | ホーム | メロンがもうすぐ収穫できそう>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |