FC2ブログ
ヤシおりおり vol.139 下半身が赤いヤシ
何ヶ月ぶりかのヤシおりおり
いろいろありまして植物に対するモチベーションが減退気味
ヤシもしかり
現状育てているものをとりあえず維持するのみとなっております。
それでも生き物だから勝手に育ってくれるのね。
2年前に袋に蒔いたブラヘア各種がここにきて大量発芽中
うれしいはうれしいんだが大量すぎて植えつけるのが正直面倒になってきた
てなことを言っているとヤシの神様にしかられる~
さあて本日のヤシは・・・
Socratea exorrhiza (Mart.) H.Wendl., Bonplandia (Hannover) 8: 103 (1860).
onebythreeblog_20100822_6.jpg
タコノキ状の気根によって幹を支えるヤシです。
この手のヤシでマニアに知れ渡っているのがタケウマキリンヤシですが、今日のはちょっとマイナー級
ニカラグア、コスタ・リカ、パナマ、コロンビア、エクアドルなど、熱帯アメリカ各国に自生しております。
熱帯雨林のヤシです。
単幹で成長すると20メートルを越します。
種小名は”外に出た根”という意味で、本種の特徴である気根をあらわしています。
実生後2年程度しかたっていないのでまだ気根らしい気根はでていませんが、株元を見るとそれっぽい太い根が発達しています。
でタイトルの下半身が赤いというのがこちらの画像
onebythreeblog_20100822_7.jpg
面白いでしょう。
葉が落ちた跡がこのように赤いんです。
現在新葉展開中
熱帯のヤシなので耐寒性はなく、zone11が望ましいとのことです。
onebythreeblog_20100822_8.jpg


参考文献

An Encyclopedia of Cultivated Palms
Palms Throughout the World
【2010/08/22 21:44 】 | ヤシおりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
<<棘棘のタケノコ | ホーム | ドームヤシの本葉>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |