FC2ブログ
ヤシおりおり vol.134 パームアイランドにようこそ ルイジアナ・パルメット
久々のヤシおりおり
完全にネタが枯渇しておりまして、苗の画像しかないのです。
南米あたりに放浪の旅をすればネタが集まるのに。
旅がしたいなあ逃避行
今一番行きたい楽園がパームアイランド
いわずと知れた中東ドバイの世界最大の人工島
島の画像があるのでご覧ください。
onebythreeblog_20100523_3.jpg
このように島全体にヤシが植わっています。
まさにこの世の楽園
宝くじの1等前後賞を10回ほどあてたら移住する予定です。


この島の真ん中に植わっているのがシンボルツリーであるひときわ大きなヤシ
Sabal louisiana (Darby) Bomhard, J. Wash. Acad. Sci. 25: 44 (1935).
といいます。
現在はSabal minor (Jacq.) Pers., Syn. Pl. 1: 399 (1805).のシノニム扱いですが。
自生地は米国のルイジアナ州、テキサス州
河川ののはんらん原に多く自生しています。
年数の経った株は幹が地上に1メートルほど出ます。
Sabal minorとの見分け方は、幹が地上に出ることと、葉脚の形態とのことですが、具体的にどのような違いがあるかは手元の資料ではわかりません。
両種手元にあるので今後の成長によって差異がわかると思います。
ただし成長が劇的に遅いのが玉に疵
耐寒性はヤシ科植物の中で最強の部類


参考文献

An Encyclopedia of Cultivated Palms
Palms Throughout the World

【2010/05/23 16:25 】 | ヤシおりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
<<Indigofera tinctoria その後 | ホーム | Stomatostemma monteiroae>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |