FC2ブログ
チャペックの庭に行ってきた
先の三連休を利用して2010年3月にオープンしたばかりの平塚の花菜(かな)ガーデンにいってきたぞ。
公式HPはこちらね
ここは世界中の園芸家に愛されている不朽の名著『園芸家12ヶ月』の著者としても知られているカレル・チャペックがテーマになっています。
『園芸家12ヶ月』は園芸マニアなら手をたたいて納得するマニアの心情をコミカルに、植物への愛を感動的に描写していて、僕のバイブルになってます。

そんなチャペックの植物園なのでオープンまもなくいったわけです。
オープンしたばかりなのでさぞや込んでいるだろうなあ、しかも三連休の初日だし・・・
とおもったんだけで案外すいすい
onebythreeblog_20100324_1.jpg
できたてなのでどこもピカピカ、スタッフのホスピタリティーも上々で、役所が作った施設にしては洗練されています。
気をよくしてひろーい庭園の散策スタート
やっぱり熱帯植物すきとしては温室にいのいちばんに足が向かいます。
onebythreeblog_20100324_2.jpg
それがそれが、完全に育苗のための小型の温室で公開されていません。
うーん残念、ちなみにバラなどが育種されます。
次の目玉はなんといってもチャペックの家
かわいいでしょ。
onebythreeblog_20100324_3.jpg
実はトイレです 爆
庭はブロックで固められて、中心に花壇があります。
ちょっとイメージが違うなあ。
そんななかロックガーデンがあって、こじんまりとしていてなかなかよいかも
onebythreeblog_20100324_4.jpg
目的地をみてしまったのであとは広い園内をブラブラ
果樹園です。
が、丸坊主
onebythreeblog_20100324_5.jpg
こちらはクレマチスのガーデン
丸坊主です。
onebythreeblog_20100324_6.jpg
えっとここはなんだっけな。
荒涼としてます。
onebythreeblog_20100324_7.jpg
はっきりいいましょう。
ソフトバンクのお父さんじゃないですが、「まだ早い!」
園内植栽されたばかりの若木ばかり。
植栽自体まだ完成していないようで、工事中の箇所も
季節が季節だけに緑はほとんどないです。
ただし、チャペックに目をつけて、食と植物との関係を紐解くというテーマはすばらしいです。
レストランのカレーは雰囲気あってウマしね
がんばって繁盛してもらいたい。
6月ころなら俄然良くなってると思うので、未踏の方は是非足を運んでみてね~
【2010/03/24 22:49 】 | ヤシソテツ紀行 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<卯月は | ホーム | アルブカ続々発芽>>
コメント
率直な感想、業界の視察先としてはどうですかね。
【2010/03/26 04:05】| URL | 富福 #- [ 編集 ]
富福さんこんばんわ
業界団体の視察先としては悪くないと思いますが、ここだけ行くというとちょっとさびしいかも。
食物のもともとの姿を見せようという思いは伝わりました。

運営は合同企業体?に委託されているみたいで、多少なりとも洗練されています。
巨大な規模の植物園で、園内きれいに造園されていますしね。
でも今ではない気がします。

行くなら梅雨明け以降のほうが
あるいは来年の春がいいかもです。




> 率直な感想、業界の視察先としてはどうですかね。
【2010/03/27 18:44】| URL | まいまい #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |