FC2ブログ
ヤシおりおり vol.127 ハスツラってなんじゃらほい タキルジュロ
寒い寒い今日は本当に寒い
底冷えのレベルが一段階増した感じ
昼にチラチラと白いものが舞いました
そんな今日紹介するのはシュロ
シュロといってもただのシュロではなく、シュロ属最強の耐寒性を誇るタキルです。
Trachycarpus takil Becc., Webbia 1: 52 (1905).
以下の画像は2006-10-9
大阪の咲くやこの花館でのもの
onebythreeblog_20100112_1.jpg
自生地はインドの北部、ウッタル・プラデシュ州
標高2500メートル級の山地森林域が自生環境
自生地ではほとんど絶滅状態とのこと
種小名は自生地の山の名にちなみます。
シュロと非常に似ますがより背が高くなるという話
onebythreeblog_20100112_3.jpg
幹高12-15メートル
幹の直径80-110センチ
画像の固体はまだまだ青年期です。
onebythreeblog_20100112_4.jpg
でもって、本日のタイトルのハスツラってなに?
その答えが画像の矢印の先の葉の器官
いくつかの掌状ヤシにのみ見られるパーツです。
葉柄と葉身との接続部に飛び出したヒダ状のもの
さまざまな形があり、画像のように葉の表面に突出するものもあれば、葉の裏面に突出するものもあり、両面に突出する種もあるようです。
どのような役割をになっているかについて明記した資料がないのではっきりしたことはいえませんが、葉柄と葉身との接続をより頑丈にしているものと思うのですがよくわかりません。
onebythreeblog_20100112_2.jpg
高山に自生することから最も耐寒性の高いシュロとされており、なんとzones6B-11
ただし耐寒性を引き換えに熱帯や亜熱帯など温暖な地域では美味く育たないようです。
onebythreeblog_20100112_5.jpg
タキルにしてみれば関東のこの程度の寒さなんかまだまだ甘いと一笑に付されそうです。


参考文献

An Encyclopedia of Cultivated Palms
Palms Throughout the World
【2010/01/12 23:19 】 | ヤシおりおり | コメント(16) | トラックバック(0)
<<ヤシおりおり vol.128 ヤシのケーキはどんな味 ホンサゴ | ホーム | ヤシおりおり vol.126 緑色のブラジルヤシ ウーリー・ゼリー・パーム>>
コメント
ヤバいんです!
地元のニュースでやってたんだけど
福岡でもヤシオオオサゾウムシの被害が増えているって!
鹿児島まで上がってきてるのは知ってたけど
私の行きつけ(種拾いでw)の公園にあるカナリーがほぼ全滅状態。
これまでヤシは害虫の心配してなかったけど
これから農薬とか必要になるかも。
【2010/01/12 23:54】| URL | えせ園芸家 #- [ 編集 ]
日本の自生植物並みの耐寒性ですねw
長野は冬の寒さ以上に夏の暑さが厳しすぎるんで
この子も育たないかなぁ……
【2010/01/14 15:02】| URL | かげ #- [ 編集 ]
最強!
こんばんは。棕櫚属で最強かな?
どれも強いですけどnanusかとも思いましたが、やっぱりタキルかあ~。
地植え候補№1ですね。
【2010/01/15 21:47】| URL | signal #- [ 編集 ]
えせさんこんばんわ
しっとーばい
ゾウムシがカナリーヤシなんかを枯らすんだってね。
福岡まできてるっていうことはここまでくるのも時間の問題かもいやだなー

カナリーは巨大だから農薬の散布も容易じゃないでしょう
【2010/01/15 23:37】| URL | まいまい #- [ 編集 ]
かげさんこんばんわ
ここいらよりよっぽど厳しいところに住んでいるヤシだから長野でもいけるんじゃないですか?
熱いといっても常夏じゃないなら大丈夫じゃないかな?

でもただのシュロとの違いが見た目じゃわからんのでいまいち面白くないかも
【2010/01/15 23:44】| URL | まいまい #- [ 編集 ]
signalさんこんばんわ
シュロ属最強という記述ありますね。
まあこの属の耐寒性は甲乙付けがたいんでしょうね。
プリンセプスなんかも相当つよいみたいです。
【2010/01/15 23:45】| URL | まいまい #- [ 編集 ]
はじめまして南米パラグアイに住んでいるGORDINCOROです。ヤシ好きなのでブログを大変楽しく読ませていただいています。
【2010/01/16 06:39】| URL | GORDINCORO #- [ 編集 ]
GORDINCOROさんこんにちわ
はじめまして
コメントありがとうございます。
パラグアイにお住まいとはすばらしい、こちらと違って暑いんでしょうね。
現地だとどんなヤシがありますか?
ブティアとかシアグルスとかたくさん自生してそうですね。

現地情報をお寄せください~
【2010/01/16 12:18】| URL | まいまい #- [ 編集 ]
こんにちわ、今パラグアイはとてとても暑いです。自生でよく見られるのはシアグルス・ロマンソフィアーナ、ブティア類、コペルニキア・アルバなどです。私たちも色々集めていますが一番のお気に入りはビスマルクです。
【2010/01/18 02:11】| URL | GORDINCORO #- [ 編集 ]
GORDINCOROさんこんばんわ
ジョウオウヤシやブティアはさすが広く分布しているんですね。
コペルニキアの類もたくさんの種があって興味深いです。

やっぱりビスマルクはどこにいっても人気ですね。
銀葉でマッシブでかっこいいです。
サバルなんかもたくさんの種類がありそうですがいかがですか?
【2010/01/18 23:28】| URL | まいまい #- [ 編集 ]
まいまいさんこんばんわ
我が家にサーバルはあるんですが、まだ小さいのと知識不足のためまったく見分けがつきません。それに現地の人間は、あまりヤシに興味がないようですし、情報もないです。まいまいさんぜひ見分け方教えてください。v-393
【2010/01/21 10:19】| URL | GORDINCORO #- [ 編集 ]
Re: まいまいさんこんばんわ
サバルはハスツラの形や種子の大きさで判別するようです。
ぱっと見るとどれも似ているから同定はむずかしそうです。

しかも幼苗のころは特徴がはっきり出ないでしょうからさらにむずかしいかも。

僕もサバルの成株は実見したことないのでまったくわからないんです。
同定の資料があったので送付しますね。
【2010/01/21 21:15】| URL | まいまい #- [ 編集 ]
まいまいさん資料ありがとうございました。さっそく観察してみますね。サバルの見分けがつきませんでしたがこれで家にあるのが何の種類かわかりそうです。楽しみです。
【2010/01/23 00:03】| URL | GORDINCORO #- [ 編集 ]
GORDINCOROさんこんばんわ
サバル同定できるとよいですね。
今後もレポート楽しみにしています。
あ、そうそうブログリンクいたしました~
【2010/01/24 00:07】| URL | まいまい #- [ 編集 ]
はずかしながらブロクも初心者なので勉強ちゅうです、今は写真とコメント書くので精一杯です。これからもヤシ情報交換していけたらなと思っています。
【2010/01/25 08:46】| URL | GORDINCORO #- [ 編集 ]
GORDINCOROさんこんばんわ
こちらこそよろしくお願いします。

南米のヤシのみならず生活全般に興味あります
ブログ楽しみにしてマース
【2010/01/26 00:07】| URL | まいまい #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |