FC2ブログ
ヤシおりおり vol.121 発芽に要する期間 ver.2010.01
正月は無人島にて漂流しまくってました。
lostieといわれるひとが続出するのもうなずけるほどの中毒性あり
なんのこっちゃという人は、"LOST"でググッてください。
さあて、本年第1発のヤシおりおりはヤシの紹介でなく発芽の記録
毎度断りますが、厳密な計測でなく、たまたま1/2に袋を開けて白いものが見えた種類を列挙しています。
本当の意味での発芽したタイミングは、1/2より前になります。
onebythreeblog_20100103_2.jpg
シュロの新種Trachycarpus geminisectusはすぐに発芽するかと思いきや、随分時間がかかりました。
耐寒ヤシで個人的に期待していたTrithrinax brasiliensisですが、こちらも時間がかかります。しかも発芽率悪そうです。
標高3000メートル級の高山ヤシCeroxylon ventricosumがここにきて発芽ラッシュ
ちょっと嬉しいです。
Cyrtosperma merkusiiはやしではなくサトイモ科
Chambeyroniaなど熱帯性のヤシは概ね2ヶ月程度で発芽することがわかります。
Sabal属やLivistona属は温帯のヤシの割には時間がかからずに発芽する優等生
1年を超えての発芽というのは今回は確認できませんでした。
【2010/01/03 22:33 】 | ヤシおりおり | コメント(4) | トラックバック(0)
<<ヤシおりおり vol.122 紛らわしいソテツジュロ | ホーム | ヤシおりおり目次.pdf>>
コメント
なるほど
こんばんは。
シュロは結構速かったんですが、この新種はかかりましたね。(家は全滅)

この発芽は一貫性がないですよね。
春ならそこそこ成長が期待できるんですが、冬は?です。
気長に行かないとダメか~。
【2010/01/04 22:31】| URL | signal #- [ 編集 ]
signalさんこんばんわ
日本で半自生しいるシュロはすぐ発芽するんですが、輸入物は発芽しないものがかなりあって要注意です。
といったって運を天に任せるしかないんですが・・・
ゲンミセンスは命名者が供給したものなんでそんなに悪いものではないんでしょうが、発芽率もわるそうです。
【2010/01/04 23:37】| URL | まいまい #- [ 編集 ]
かなり
やはりかなり時間がかかりますね~ヤシは。
私も蒔いたシュロ系はまだ発芽してないです。
寒さにあわせると発芽しそうな気がしてヤシ袋を入れた箱を野外に放置してます。
凍ってるかも…(´∀`lll)
【2010/01/05 04:01】| URL | はっぱ #AjkHwUTU [ 編集 ]
はっぱさんこんばんわ
ヤシは蒔いたあとは、蒔いたことを忘れるのが上手な栽培の秘訣ですね 笑
今年はいい加減発芽しないねぼすけの種を叩き割って強制覚醒させようかなとおもってます。

うちも寒さにあてていいものは外に出してますよ。
【2010/01/06 00:47】| URL | まいまい #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |