FC2ブログ
ヤシおりおり vol.107 テングヤシに似たサバルそれとも月桂樹
どんどんマイナーなヤシばかりになってつまらなくなっていくと思いますが、ごかんべんくださいませ
さあて本日はマイナーなサバル
Sabal mauritiiformis (H.Karst.) Griseb. & H.Wendl. in A.H.R.Grisebach, Fl. Brit. W. I.: 514 (1864).
onebythreeblog_200911208_04.jpg
メキシコ、グアテマラ、コスタ・リカ、パナマなど中南米が自生地
ベリーズではベイリーフ・パーム
すなわち月桂樹、ローレルのヤシと呼ばれてますが、月桂樹とは似ても似つかないので、姿ではなくその他の要素を見立てたんでしょうが詳細不明
自生環境は熱帯雨林、サバンナ、1000メートル級の雲霧林など
他のサバルとは容易に区別できるそうですが、幼苗のうちでも他のサバルよりも薄くて柔らかい葉で区別しやすいです。
自生地では成長すると幹が25メートルほどに伸びその高さと比べると幹の直径が30センチしかなく、相対的にスレンダーな姿になります。
costapalmateと呼ばれる葉です。
これは掌状葉なんですが、羽状葉のように中心部に肋骨が入ります。
大型の掌状葉を支えるにはこの中肋が必要ということですね。
onebythreeblog_200911208_05.jpg
耐寒性は自生地から考えるとかなり強く、最低マイナス6度に耐えるということですからかなりのもの
onebythreeblog_200911208_06.jpg
種小名はテングヤシ属=Mauritia
からきています。
新大陸で最も美しい掌状ヤシとされるMauritia flexuosaと同じくらい美しいとのこと


参考文献

An Encyclopedia of Cultivated Palms
Palms Throughout the World
【2009/12/08 23:35 】 | ヤシおりおり | コメント(2) | トラックバック(0)
<<ヤシおりおり vol.108 銀葉のチャボトウジュロ | ホーム | サンタナばりの哀愁ギターがとてもグー 八神純子>>
コメント
珍しい
こんばんは。
どんどん、珍しいものがでてきますね!
私はそこまで出来ませんね。
やっぱり、巨匠ですね。
【2009/12/09 22:01】| URL | signal #- [ 編集 ]
signalさんこんばんわ
今後はニッチなヤシが多くなるかもです。
目指すは3000種の精神でがんばりま~す
【2009/12/10 00:07】| URL | まいまい #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |