FC2ブログ
ソテツ本 ソテツンチュのライフワーク?The Cycads
ソテツ本他にもあります。
Loran M. Whitelock著作のその名も、「ザ・ソテツ」
男らしい潔さを感じます。
著者のホワイトロッキーさんは、アフリカ、ウガンダのソテツ、エンセファラルトゥス・ホワイトロッキーの名前になったほどのソテツ人
琉球風にいうと、ソテツンチュとでもいいましょうか。
この名を最初に発表するためにしれつな争いがあったようで、シノニムのEncephalartos successibusとE. whitelockiiが同年1995年に発表されましたが、一歩E. whitelockiiのほうが早く発表されたため、正式な学名になったとのことです。
ホワイトロッキーさんはもとはロスの公務員だそうで、植物熱に浮かされて、造園家になってしまった人だと奥付に。

内容は、無い様ではなく有る様です。
とにかく、まじめな本で、写真より記述に力が入っています。
記述内容はそうとう詳しいです。
昨日紹介した、Cycads of the world が入門編だとすれば、こちらは中級編といった所でしょうか。
正直読むのが大変
というか無理なので、本棚の奥でひっそりとしまわれています。

【2008/03/25 00:34 】 | ヤシソテツ図書館 | コメント(4) | トラックバック(0)
<<ヤシ本 ヤシ酒の科学―ココヤシからシュロまで、不思議な樹液の謎を探る | ホーム | ソテツ本 Cycads of the World>>
コメント
ホワイトロッキー
ああ、エンセのホワイトロッキーはこの方の名前からでしたか。凄い方ですね。
【2008/03/26 00:09】| URL | チョロ #YeFwB4VE [ 編集 ]
英語だと意味不明で内容が解りませんが
写真見てるだけでも勉強になりますよね。
でも…私は本を買うお金があったら種子を
買う人間ですから…(笑)
ソテツとは関係ないのですが、園芸本は
寒冷地では大して役に立ちません。
特に冬の管理は参考にすると
確実に枯れます(爆笑)
【2008/03/26 00:10】| URL | まぁ~ #tETIamUA [ 編集 ]
チョロさんこんばんわ
ホワイトロッキーさん凄いですね。
欧米人は行動力が違う気がする。
やはり肉食獣だから!?
【2008/03/27 23:15】| URL | まいまい #- [ 編集 ]
まぁ~さんこんばんわ
書籍も読んでみるとなかなか楽しいですよ。
ブルーのソテツもいろいろあることがわかりますしね。
清水の舞台から飛び降りたついでに買っちゃいましょう!
【2008/03/27 23:16】| URL | まいまい #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |