FC2ブログ
絵葉書de世界一周
ピースボートってご存知ですか?
onebythreeblog_20080320_6.jpg

まちがっても緑の過○派グリーンピースではありません。
ピースボートというのは・・・
以下引用

「各寄港地のNGOや学生達と交流しながら、国と国との利害関係とはちがった草の根のつながりを創っていくこと。」


まあそんな目的を達成すべく、世界一周の船旅を提供する団体なんです。
で、なんでそんな話をするかというと、義理のとーちゃんがまさにこの船に乗って世界一周中
参加しているのは60回クルーズで、航路図はこちらのリンク参照
旅のコースは・・・
横浜~香港~ベトナム~シンガポール~セイシェル~ケニア~南アフリカ~ナミビア~ブラジル~アルゼンチン~フォークランド~チリ~イースター島~タヒチ~ニュージーランド~オーストラリア~パプアニューギニア(ラバウル)
というものすごいスケールの世界一周なんです。
そんなとーちゃんから、寄港地ごとに便りがきます。
綺麗な絵葉書ばかりなので、選りすぐりで紹介
ボキが自称園芸家と知ってかしらずか、植物ネタの絵葉書多し
onebythreeblog_20080320_7.jpg

これはセーシェルです。
ヤシ好きならば知らぬものがいないという世界最大の種子で有名なフタゴヤシの原生地ですよ。
残念ながら、絵葉書はココヤシですが
そんな義父にフタゴヤシを買ってきてくれと託したのですが、まあ無理でしょう。
次の画像は、
onebythreeblog_20080320_8.jpg

南アフリカの喜望峰
南アフリカも園芸マニア垂涎の聖地です。
次は極め付き、なんとナミビアです。
onebythreeblog_20080320_9.jpg

驚いたことに、ナミブ砂漠に連れて行ってくれるのだそうです。
もちろん奇想天外を見てくるようにと申し伝えましたよ。
お土産写真が楽しみです。
画像はQuiver Treeとも呼ばれる、ナミビア産の有名なアロエ、アロエ・ディコトマ
現地で見たい!

最後の絵葉書は、フォークランド紛争で有名?なフォークランドより
onebythreeblog_20080320_10.jpg

園芸的に全くノーチェックのフォークランドですが、イギリスの息がかかっているだけに、園芸的にも面白そうなところです。

まだまだ旅は続くようなので、続きの便りが楽しみです。
【2008/03/20 18:56 】 | 雑記/日記 | コメント(7) | トラックバック(0)
<<No Dice/Badfinger | ホーム | 我が家にカナリーヤシがやってきた>>
コメント
世界一周とか羨ましい限りですね~!
海外はおろか本州から出たことの無い俺にとっては夢のような話です笑
しかも、ナミブ砂漠とは!海路なのに結構内陸も回るのですね。
喜望峰もレアな植物が満載ですよね~。
奇想天外始め、アロエやコーデックス等アフリカは魅力的ですからね
是非とも楽しんできて頂きたいものです。

お土産のフタゴヤシ、実現するといいですね~。
こらえ性の無い自分には発芽は拷問に近いですが(そもそも高くて買えない)
というか、あれ、頭に落ちてきたら死にそうですよね…笑
【2008/03/20 22:17】| URL | かげ #- [ 編集 ]
まいまいさん
こんばんは!

さすがにフタゴヤシは難しいでしょうが、海外(特に南国)の景色等は、現地の方にとっては何気ないものでしょうけれど、マニアにとってはなかなか興味深いものが多いですよね。

それはテレビ番組や映画等でもたまにある事です。

そんな事に思いを馳せる事が出来るのも楽しい事かもしれませんね。
【2008/03/20 22:50】| URL | COCO #jQTfdwCM [ 編集 ]
ピースボート、世界一周の前座で乗るつもりなんすよ~。地球をぐるっとする割には安いですもんね。しかしうらやましいなあ。
【2008/03/21 23:24】| URL | west #- [ 編集 ]
かげさんこんばんわ
世界一周なんて信じられないですよね。
大金持ちの道楽かと思ったのですが、岐阜はそれが長年の夢だったらしくて、退職後にあちこちでバイトを掛け持ちしながらお金かせいで旅費を捻出したんだそうです。

南アフリカにナミビアと、魅力的なところにいけてうらやましいですね。
これにマダガスカルがつけばいうことなし?
【2008/03/22 01:19】| URL | まいまい #- [ 編集 ]
cocoさんこんばんわ
絵葉書ってあまりもらう機会ないんですが、なかなか風情があってよいものですね。
南国の景色は旅に出たい衝動を掻き立てます。
旅に出たいな~
【2008/03/22 01:21】| URL | まいまい #- [ 編集 ]
wes部長こんばんわ
ピースボートは滞在期間、寄港地の数や質など考えたら、高くないですね。
もちろん、安くはないですが。

しかも、船旅で”本当に”世界一周するので、世界地図のレイアウトを体で感じることができると思います。
部長はよりマニアックなたびのほうがすきそうな気がするのですが・・
たとえば、アマゾン川源流を求めて
とか、
世界一治安の悪いコロンビアの奥地で幻のヤシを求めるツアーなど 笑
【2008/03/22 01:32】| URL | まいまい #- [ 編集 ]
南米は憧れの地ですよ! もちろん。血になるかもしれないけど。。。
そうしたディープな旅をする前にですね、おさらいをしておくって訳ですよ。船旅は優雅だし宿の心配もないし、それに、タネはともかくとして、採集した枝を挿し木栽培しておけるじゃないですか。一人での移動だと、これ、できないですもん。
【2008/03/30 11:09】| URL | west #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |