FC2ブログ
ヤシおりおり vol.75 大長編パルミラヤシ 栽培編
とりあえず勢いで書いちゃいますが、実は栽培経験ほとんどないんです。
onebythreeblog_20090302_13.jpg
一度だけ、タイから種を仕入れて蒔いたことがありました。
ヤシおりおり vol.73 大長編パルミラヤシ 果実編
では、未熟な画像を載せましたが、今回は完熟した種子の画像です。
077.jpg
タバコの箱より大きいです。
厚みも結構あって、イメージ的には3,4枚重ねたマンゴーの種くらいの大きさと厚みです。
パルミラヤシは熱帯のヤシで、耐寒性は備えてません。
発芽後、根と子葉を包む子葉鞘が地中深くまで潜った後に、根と子葉を展開するため、ストレスなく発根させ、本葉を出すには相当深い鉢が必要とのご意見をうおれすさんより頂きました。
onebythreeblog_20090302_08.jpg
以前栽培したとき、発芽後いっこうに葉がでず、結局根ぐされしたことを思い出しました。
土管のように深い鉢と、年中をとしての高温(15度もあれば十分でしょう)が上手な栽培の指標となりそうです。
情報もつ方、更なるアドバイスをお願いいたします。


参考文献

An Encyclopedia of Cultivated Palms
Palms Throughout the World
【2009/03/09 22:48 】 | ヤシおりおり | コメント(2) | トラックバック(0)
<<カンボジアの山奥で幻の**(チョメチョメ)を見た!前編 | ホーム | はぁー>>
コメント
根のように見えますが・・・
種子から最初に伸びる根のようなものは、根では無いことを理解する必要があります。
私は、発芽に約50センチを想定したのですが
不十分でした。おそらく100~150センチ程度
必要だと思います。
 
【2009/03/10 21:52】| URL | うおれす #- [ 編集 ]
1メートル以上ですか!!
子葉、根を内包したseed petioleが他のヤシと比べるとずいずいと地中深くまで潜り、地中深くでcotyledonary sheath(子葉鞘)の先端(茎頂)から子葉が、底部(根端)から根が出るとうことですかね。
http://www.fukuoka-edu.ac.jp/~fukuhara/keitai/2-1.html
このサイトが発芽のメカニズムに詳しくてためになります。

移植ができないほどに深く根を張るといわれていますが、1メートル以上必要だとしたら、栽培するは事実上難しいですね。

熱帯気候下で広く開けた場所に地植えしてあげるのが一番喜ぶんでしょね。
【2009/03/10 22:56】| URL | まいまい #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |