FC2ブログ
南房パラダイスに行ってきたずら 第5章
本命の大温室に行き着くまでに書きづかれてきた・・
がんばります。
シダ温室には憧れのディクソニア・アンタルクティカももちろんあります。
onebythreeblog_20080312_1.jpg

シダ温室の出口付近には、わずかながらソテツのコレクションがあります。
ザミア・フルフラセア開花してます。
onebythreeblog_20080312_2.jpg

南アフリカのソテツも数種類あります。
onebythreeblog_20080312_3.jpg
onebythreeblog_20080312_4.jpg

驚いたのは、獅子ソテツと呼ばれる状態のエンセがあること。
副次的なシュートの葉は全て刈られてしまっているのが惜しい
onebythreeblog_20080312_5.jpg

この子株なんか飛び出しちゃってます。
onebythreeblog_20080312_6.jpg

最後にザミア、インテグリフォリア(フロリダーナ)かな
日照不足か徒長しています。
onebythreeblog_20080312_7.jpg
【2008/03/12 21:33 】 | ヤシソテツ紀行 | コメント(4) | トラックバック(0)
<<南房パラダイスに行ってきたずら 第6章 | ホーム | 南房パラダイスに行ってきたずら 第4章>>
コメント
ディクソニア
アンタクルティカは密かに憧れですね。
手に入れたら手に入れたで持て余しそうですが…笑

獅子ソテツ、というのは最近まいまいさんの出品されている
ソテツの種子の画像を検索していて初めて知りましたが、
これはどの種類のソテツでも起こり得る現象なのでしょうか?
迫力があって好きですけどね。可能ならばそう仕立ててみたい位ですw

これ、芽の方の葉が刈られているのは栄養を考えての事でしょうか?
ただの見た目かな?
【2008/03/12 22:23】| URL | かげ #- [ 編集 ]
かげさんこんばんわ
ソテツの変種、奇形はfernさんのサイトが詳しいです。
どういった理由でセツ化するのかわからないのですが、日本のソテツでも見られて、珍重されているようです。
どんなソテツでも、発生する余地あるのでしょうが、珍しい海外ソテツのセツ化とめぐり合うのは、宝くじを宛てるような確立かもしれませんね~

葉刈りされているのは、見た目重視じゃないでしょうか。
極めて珍しいと思うのですが、まったくアピールするような演出はありません
【2008/03/14 01:09】| URL | まいまい #- [ 編集 ]
いゃーー
南総パラダイスは、まさにパラダイスですね!!!! シダ、ソテツ、ブロメリア好きの僕は、かなりのノックダウンです。
僕も、行きたいずら。

でも、遠いなぁ~。でも、行きたいなぁ~。
【2008/03/15 20:56】| URL | チョロ #- [ 編集 ]
チョロさんこんばんわ
千葉に”別件”でいらしたときに、ついでに酔ってみてはどうでしょうか?
なかなかええずらよ。

でも、チョロさんほどのオタクもとい熱心な園芸家ならば、熱川バナナワニ園のほうがお勧めですね。
【2008/03/16 00:00】| URL | まいまい #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |