FC2ブログ
ヤシおりおり vol.44 アフリカのパルミラヤシ
マニアなヤシをビシビシ紹介
Borassus aethiopum Mart., Hist. Nat. Palm. 3: 221 (1838).
onebythreeblog_20081214_05.jpg
和名はアフリカオウギヤシで、アフリカン・パルミラ・パームなんて呼ばれたりもします。
種小名は「エチオピアの」という意味
いわゆるパルミラヤシ(Borassus flabellifer)といえば、アフリカ~パキスタン、インド、東南アジア、さらにはオーストラリア北部まで広く自生していますが、本種アフリカオウギヤシは熱帯アフリカに自生する別種です。
onebythreeblog_20081214_04.jpg
パルミラヤシ同様、非常に有用な植物で、植物のあらゆる部分が利用されてます。
葉はかごの材料として、幹は建材、新芽は野菜として、樹液はヤシ酒(トディ)として


onebythreeblog_20081214_06.jpg
でかいです、太いです。
幹の高さは25メートルに達します。
写真の株はまだまだ青年期で、今後ますます成長します。
雌雄異体の掌状ヤシなので、結実には雄花を咲かす株と雌花を咲かす株の最低二株必要になります。
耐寒性はなく、USDA10-11が適します。
自生地がサバンナであることからも、耐乾性は備わっています。
onebythreeblog_20081214_03.jpg
巨大なヤシなので、植栽場所には注意が必要とありますが、よもや日本での栽培は無理でしょうからかんけーないっすな。


参考文献
An Encyclopedia of Cultivated Palms
Palms Throughout the World
【2008/12/14 22:41 】 | ヤシおりおり | コメント(2) | トラックバック(0)
<<ヤシおりおり vol.45 波打つ小葉 | ホーム | ヤシおりおり vol.43 こんなのあり?タコ足の掌状ヤシ>>
コメント
紅オオギ
とは違う属ですか?
【2008/12/16 06:00】| URL | ukulele #- [ 編集 ]
ウクレレさんこんばんわ
紅オオギとはベニラタンヤシですかね~?
Latania lontaroides

アフリカオウギヤシはBorassus aethiopum

どちらも、タリポットヤシ亜科 オウギヤシ連まで一緒ですが別属ですね。

オウギヤシはでかくなりすぎて、移植を好まない性質、耐寒性がないので、日本ではまったく流通しませんね。
観葉植物としては不適でしょう。
【2008/12/16 22:40】| URL | まいまい #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |