FC2ブログ
祝福を受けた新種のヤシ
年明け早々、ヤシ界を震撼させた、新種、親属のヤシTahina spectabilisですが、種子を入手することができました。
onebythreeblog_20080308_1.jpg


Tahina spectabilisとは・・・マダガスカル産の大型掌状ヤシ。
2008年に記載されたばかりの最新のヤシです。
詳細はキューガーデンのニュースレターなどでご確認ください。
15メートルを超える巨大ヤシにもかかわらず、これまで発見されていなかったという、奇跡のような話で感動しました。
カシューナッツ農園を営むフランス人がマダガスカル北西部を訪れた折に偶然発見されたとか。
マダガスカル語で”祝福された”という意味のこのヤシは、タリポットヤシのように開花後に枯死してしまうという儚い人生です。開花が50年周期で、残存する固体が100に満たないということで安定した種子の供給は望めないかもしれません。
希少な種子なので、なんとか発芽させたいなあ。
onebythreeblog_20080308_2.jpg
【2008/03/09 01:49 】 | ヤシおりおり | コメント(4) | トラックバック(0)
<<でかくて硬い!そして重い!深い意味はない! | ホーム | 南房パラダイスに行ってきたずら 第3章>>
コメント
凄い物を入手されましたね
いつもどうやって入手されているのか不思議ですが
こんな貴重なものまで手に入ってしまうとは流石です。

画像検索してもそれらしき物は1枚のみでしたが
ユッカのような花の付き方をするヤシですね。
花が咲いて命を終えるというのもアガベの類によくありますし。
是非発芽させて成長記録を拝見させて頂きたいものです。

それにしても、マダガスカルという島は凄い所ですね。
一度行って見たいものです。
【2008/03/09 03:02】| URL | かげ #- [ 編集 ]
自殺するヤシ
かげさんおはようございます
Tahina spectabilisは
物騒な名前ですが、開花後枯死することから、‘Self-destructive’ Palm=自殺するヤシなどともよばれているようです。
おっしゃるとおり、開花後枯死するヤシはヤシの中でも珍しいものではなく、コウリバヤシ、サゴヤシ、ラタンなどあります。

画像はキューのニュースレターhttp://www.kew.org/scihort/news/new_palm_genus.htmlが一番わかりやすいと思いますよ。

【2008/03/09 08:34】| URL | まいまい #- [ 編集 ]
出ましたね。欲しい、、、でも高い。。。(笑)
発見直後にタネが小売りで流通するというのは、考えてみればものすごい事ですよ。
【2008/03/09 11:26】| URL | west #- [ 編集 ]
出た出た月が~♪
ならぬ、種が

確かに発見されて販売されるのにほとんどタイムラグがないというのは驚異的です。
ヨーロッパの園芸に欠ける情熱はすごいと痛感しました。

それにしても高い種です。v-13
【2008/03/09 23:42】| URL | まいまい #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |