スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
博多でラーメン
博多といえばもつ鍋?屋台?
美味しいもの一杯ですがやっぱりラーメンが一番かなあ。
onebythreeblog_20111226_08.jpg
毎晩食べたら案の定太った・・・
onebythreeblog_20111226_09.jpg
onebythreeblog_20111226_10.jpg
スポンサーサイト
【2011/12/27 23:06 】 | ヤシソテツ紀行 | コメント(1) | トラックバック(0)
ヤシおりおり vol.169 銀葉のノコギリヤシでも・・・
以前にも紹介したノコギリヤシ
今回はノコギリヤシのシルバーリーフ
Serenoa repens Silver

以前の記事は以下をご覧ください。
ヤシおりおり vol.15 疲れた男に「ファイト~一発!」
ヤシおりおり vol.146 めちゃめちゃいけてる 銀葉のノコギリヤシ

ノコギリヤシは分類学的には一種
Serenoa repens (W.Bartram) Small, J. New York Bot. Gard. 27: 193 (1926).
だけですが、園芸的にはいくつかのフォームが認められています。
即ち、緑葉のフォームと銀葉のフォームが認められます。
今回のノコギリヤシは園芸的には最も魅惑的な銀葉のフォームです。
小型の掌状ヤシで、通常大西洋岸の近く、主としてフロリダに自生してますが、現在は宅地開発や農業開発により自生状態ではほどんど見られません。
onebythreeblog_20111217_07.jpg
で、我が家のシルバーフォームです。
ご覧のとおり完璧な緑葉です 笑
どういうこっちゃ?
数年後に本領発揮することを願うばかりです。
2009.2.22実生


参考文献

An Encyclopedia of Cultivated Palms
Palms Throughout the World
【2011/12/26 22:56 】 | ヤシおりおり | コメント(1) | トラックバック(0)
福岡にて牡蠣を満喫
先日福岡にいってきたのでその様子をレポート
目的はうまい牡蠣を食べる!
福岡中心部から電車で一時間程度でいける糸島半島
onebythreeblog_20111226_02.jpg
こんなローカル線でいきました。
糸島半島には数箇所牡蠣スポットがあるようですが、電車でいちばんいきやすい加布里という港へ
onebythreeblog_20111226_03.jpg
牡蠣はこのようなビニールハウスにて供されます。
牡蠣小屋というみたい。
onebythreeblog_20111226_04.jpg
めちゃくちゃ新鮮かつ大振りかつ激安な牡蠣を満喫
onebythreeblog_20111226_05.jpg
牡蠣の外にもホタテやアワビ、サザエやイカなど好みの魚介類をセルフサービスで焼いて食べるというスタイル
onebythreeblog_20111226_06.jpg
牡蠣小屋の内部はこんなかんじ
ワイルドですがCP最高ですよ~
【2011/12/26 22:30 】 | ヤシソテツ紀行 | コメント(3) | トラックバック(0)
スイートスプリング
柑橘類で一番好きなのは八朔で二番手が極早生の温州みかん
それの良いとこ取りしたのがこやつ
皮が剥きにくいのが難点だけれど、なんとか手で向けるし、甘夏のようにビチャビチャしていないので外果皮を剥いた後は非常に食べやすい。
酸味と甘みのバランスもよいのです。
これは病み付きだわ。
onebythreeblog_20111226_01.jpg
【2011/12/26 22:16 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
ヤシおりおり vol.168 アルゼンチン産シルバーリーフの凶悪ハリヤシ
今日は珍しくヤシおりおりを連続アップ
タイトルに完全に負けておりますが大人になったらすごいんだい。
Trithrinax campestris (Burmeist.) Drude & Griseb., Abh. Königl. Ges. Wiss. Göttingen 24: 283 (1879).
という
onebythreeblog_20111217_04.jpg
画像検索するとわかりますがすばらしいシルバーリーフ
自生地では農地開発のため、野生株は激減しているようです。
他のTrithrinaxと同様、枯葉の根元が幹に固着してそれが針状になります。
小さいうちから株立ち状になります。
種小名は”原野の”という意味で自生環境を表しています。
その自生環境は、開けたサバンナや枯れ川沿岸などです。
onebythreeblog_20111217_05.jpg
本種に惹かれて実生をしたのが2009.2月ですが、発芽率は低い、成長は遅いわで難儀してます。
3年近くたってるのに葉が2枚とはこれいかに???
耐寒性は高くzone8-11
乾燥した条件ではさらに低温にも耐えるということだから日本でもばっちり
でもここまで成長が遅いと生産はされないかもね。


参考文献

An Encyclopedia of Cultivated Palms
Palms Throughout the World
【2011/12/17 11:25 】 | ヤシおりおり | コメント(6) | トラックバック(0)
ヤシおりおり vol.167 毛むくじゃらで棘のあるブラジル掌状ヤシ
ものすごく久しぶりのヤシおりおり
しかもこんなちいこい苗しか紹介できずにスマンです。
今日のヤシはブラジルやアルゼンチンの熱帯~亜熱帯、さらには温帯気候にも自生するやつ。
Trithrinax acanthocoma Drude, Gartenflora 27: 361 (1878).
成株になると幹が棘と毛むくじゃらの繊維に覆われます。
onebythreeblog_20111217_03.jpg
これらの繊維は脱落した葉の残滓
葉柄が幹に長い間固着するようで、それが針となり毛となるわけです。
耐寒性は抜群で当地では軒下越冬可能
数年軒下放置で生きています。
でも、ケアしていないせいか成長は緩慢です。
画像の苗は2009.1.15実生なので、もうすぐ3年なんですがね・・・


参考文献

An Encyclopedia of Cultivated Palms
Palms Throughout the World
【2011/12/17 11:04 】 | ヤシおりおり | コメント(2) | トラックバック(0)
Veltheimiaの比較
Veltheimia bracteata 2009.8.29実生
onebythreeblog_20111217_01.jpg
Veltheimia capensis 2010年実生
onebythreeblog_20111217_02.jpg
みた感じ全然ちゃいますね。
bracteataのほうがゴージャス
capensisは繊細ながらブルー葉で葉の裏に黒いそばかすがあって個性的です。
【2011/12/17 10:47 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(2) | トラックバック(0)
サルメンバナ
Salpiglossis sinuata
ペルー、アルゼンチン産の一年草
耐寒性はそこそこありそうなので、このまま外で放置して来春の開花をめざしましょう。
onebythreeblog_20111210_03.jpg
【2011/12/10 10:15 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(2) | トラックバック(0)
Geum magellanicum
この記事のその後
通年屋外でOKぽいです。
助かりますな。
http://blogofpalms.blog15.fc2.com/blog-entry-861.html
onebythreeblog_20111210_01.jpg
イチゴ苗のようです。
【2011/12/10 10:08 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(1) | トラックバック(0)
ワインなど
イヤー寒い
昨日は雪が降ったし、今朝は霜が降りたようでベランダが凍ってました。。。
そんな冬はワインでものんで暖まりませう。
onebythreeblog_20111210_04.jpg
WILLOWBANK DE BORTOLI
SHIRAZ CABERNET
ての飲んでみた。
ワインは飲みなれていないので果たしてこれが旨いものかそうでないのかよくわからんのです。
しばらく色々のんでみよっと。
【2011/12/10 10:03 】 | 雑記/日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
3度目の正直
ヒロシマナガサキフクシマ
3度目の正直
今度こそやめよーか。
http://www.youtube.com/watch?v=ry_WACFd8Ds&feature=related
【2011/12/10 00:27 】 | 雑記/音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)
R.I.P
【2011/12/10 00:21 】 | 雑記/音楽 | コメント(3) | トラックバック(0)
Sequoia sempervirens
今年7号鉢で育てたので一気に大きくなりました。
なかなか見栄えがでてきてうれしす。
onebythreeblog_20111204_04.jpg
100メートルに達するまでがんばろっと!
【2011/12/04 17:11 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(2) | トラックバック(0)
思い出のジャボチカバ
以前親しくさせていただいたpinetreeさんからいただいた種子からの実生
もうかれこれ6、7年前だとおもいますが、まだまだ開花の気配はないなあ。
onebythreeblog_20111204_03.jpg
今日をもちまして屋外生活はオヤスミ、4月までは納屋でおこもりです。
【2011/12/04 17:02 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(2) | トラックバック(0)
Allocasuarina nana
今年蒔いたオーストラリアの種からは2種しかものにならなかったぜい。
これがそのうちの1種
低潅木状に育つみたいですがね、なにせスギナのようで
onebythreeblog_20111204_02.jpg
【2011/12/04 16:59 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(1) | トラックバック(0)
Calothamnus hirsutus
西オーストラリアの常緑低木
耐寒性はどの程度か
初の日本の冬にどのような反応を示すのか。
現状は軒下ですが、やっぱし厳冬期は取り込んだほうがよいかな。
onebythreeblog_20111204_01.jpg
【2011/12/04 16:48 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(2) | トラックバック(0)
Ferraria crispa
珍奇な花咲く南アフリカのアヤメです。
onebythreeblog_20111203_05.jpg
【2011/12/03 18:28 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(1) | トラックバック(0)
うちの猫村さん
ぬこといえばコタツ
コタツ布団で伸びたり縮んだり
ぬこは自由でよいなあ。
onebythreeblog_20111203_03.jpg
onebythreeblog_20111203_04.jpg
【2011/12/03 18:08 】 | 雑記/日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
オーバーフロー
耐寒性がないため室内に取り込まざるを得ない多肉多肉多肉
こやつらをどこに置いたらよいのか。。。
考えあぐねて屋外に放置していたらすっかり紅葉して冷害が出始めました。
よって暫定的に部屋のど真ん中に平置き
いったいどうしたもんか
onebythreeblog_20111203_02.jpg
【2011/12/03 17:53 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(2) | トラックバック(0)
スマフォは便利だの
携帯電話の使い方がマスターできずに放置し続けて早10余年
先月スマフォに乗り換えたらこりゃ便利このうえない。
スマフォは携帯ではなく小さなパソコンにオマケ程度の通話機能があるとかんがえると理解が早い?
携帯電話アレルギーの人もパソコンをある程度使える人なら問題ないかもね。
10年の遅れを取り戻した感がります。
onebythreeblog_20111203_01.jpg
【2011/12/03 17:46 】 | 雑記/日記 | コメント(7) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。