オオハマギキョウ
先日バナナの食べ比べで訪れた久々の夢の島
ここは小笠原諸島の固有種を多く展示しています。
そのなかでもっとも目を引いたのがこちら。
日本に自生するキキョウ科植物の中では唯一の木本種だそうです。
onebythreeblog_20110526_1.jpg
こんなジュラシックな植物がわが国にも自生しているとは驚きました。
【2011/05/26 21:10 】 | ヤシソテツ紀行 | コメント(2) | トラックバック(0)
Joinvillea plicata
2009年9月播種したこやつをなんとか維持しております。
何年経ってもあいかわらず雑草にしか見えません。
大型のグラスで、もっともっと大きく育てればサトウキビのような迫力ある姿が楽しめそうですが、現状はヒョロッとしてます。
onebythreeblog_20110505_7.jpg
ソロモン諸島やニューカレドニアなど南太平洋の島々に分布する草でめったに栽培されることも無いレアなものであることは確かなんですが、地味すぎてどうも・・・
onebythreeblog_20110505_8.jpg
そういえば少し増えたのでひろぽんさんそろそろいかがですか?
【2011/05/05 10:44 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
Bambusa tulda
インドあたりが原生の熱帯バンブー
かなり大きくなるみたいで成長すると20メートルを越すみたいなので、いまから屋根を改装しとこうかな。
onebythreeblog_20110505_6.jpg
【2011/05/05 10:34 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
Bambusa nutans
東南アジア原生の熱帯バンブー
成株を見る限りどこという特徴も無いのですがまあいっか。
onebythreeblog_20110505_5.jpg
本領を発揮していい内容で成長が遅いです。
温度が足りないかも。
【2011/05/05 10:30 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
Stomatostemma monteiroae
定点観測しているStomatostemma monteiroaeの現在
onebythreeblog_20110505_4.jpg
詳細は過去記事を見てちょ
地下でかなり肥大しているみたいで、ポットが変形してしまっておる。
早く植え替えたほうがよさそうです。
【2011/05/05 10:15 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
Pachycarpus sp.
これも去年蒔いた多肉ガガイモ
根塊らしいが詳細は例によって不明
onebythreeblog_20110505_3.jpg
【2011/05/05 10:09 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
矢毒 その2
矢毒シリーズの第2弾
Strophanthus speciosus
これもブッシュマン達の御用達
onebythreeblog_20110505_2.jpg
結構成長が早い感じです。
はやく一株ずつ分けてあげたいなあ。
今年は無理でも、来年あたり奇妙な花が見たい。
【2011/05/04 22:34 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
Riocreuxia torulosa
キョウチクトウ科のつる植物
シルバーヒルの説明によると5メートルまで成長するつる植物で、クリームのようなにおいのする筒状の花を春から夏にかけて咲かせるようです。
zone7とのことですがほんまかいな?
onebythreeblog_20110505_1.jpg
【2011/05/04 22:07 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
フウセントウワタ
よくよく調べないで見境無くかったから、結果としてこのようにありふれたガガイモもまじってました。
育てたことが無いからこれはこれでいいかもね。
果実がなんともコメントに困るような形態をしていて面白いのでそれを拝むまでがんばって育ててみようっ
onebythreeblog_20110504_9.jpg

【2011/05/04 21:54 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
Microloma sagittatum
またもガガイモ科
ラベルを見るとどれも、シルバーヒルからの種で2010年8月に蒔いた模様。
多分、ガガイモ科をみさかいなく適当に選んで買って蒔いた感じ。
よって、このMicroloma sagittatumもどんな植物かはよくしらんのです。
つる性の地味な植物ですが花はピンク色でかわいらしいのですが、小さい花だからほとんど目立つまいて
onebythreeblog_20110504_8.jpg
【2011/05/04 21:45 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
Yesterday, Today and Tomorrow
昨日今日そして明日という名の花
onebythreeblog_20110504_7.jpg
名のとおり開花した日は紫→翌日褪せた紫→白と
人生と一緒で輝きは月日とともに褪せていくのか・・・
いえいえそんなことはありません。
人生何度でもやり直せる、昨日の失敗が明日の人生の肥やしとなるのでしょう。
onebythreeblog_20110504_6.jpg
Brunfelsia grandifloraという名で海外より入手した種子からの実生苗
ニオイバンマツリと似たようなものとおもわれますが、ニオイバンマツリ=Brunfelsia australisよりも耐寒性に優れるという話もありよくわかりません。
【2011/05/04 16:43 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
いざというときのための備え 矢毒
矢毒に用いる植物は地域によりさまざまのようですが、このAcokanthera oppositifoliaはブッシュマンズ・ポイズンと呼ばれているように、マサイ族などがつかうようです。
onebythreeblog_20110504_4.jpg
葉の裏が赤くて綺麗です。
onebythreeblog_20110504_5.jpg
非常時にはこの毒で野獣を狩ろうと思っているわけです。
【2011/05/04 16:25 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
ワイルドコットン
ガガイモ科の潅木
Gomphocarpus cancellatus
ガガイモ科らしい不思議な花を咲かせるみたいです。
なぜ育てているのかが謎です。
2010年8月播種
シルバーヒル由来の種子からの実生苗
onebythreeblog_20110504_3.jpg
【2011/05/04 16:09 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
カンナ シュトゥットガルト の越冬
斑入りの美しいカンナのシュトゥットガルトがウクレレ邸より来たのが2年くらい前でしたか。
今年は試しに鉢植えのカンナを耐寒実験と称して、軒下に放置していたところ越冬成功したようで新芽が出てきた。
この分だと地植えしても大丈夫そうです。
onebythreeblog_20110504_2.jpg
【2011/05/04 16:00 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
タイム満開
大型連休いかがお過ごしですか?
こちらは珍しくいろいろな人と交流してます。
こんな連休も良き哉
庭ではタイムが満開です。
カメラを地面すれすれに構えて撮ってみました。
onebythreeblog_20110504_1.jpg
【2011/05/04 15:54 】 | 雑記/日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
ムーミン来る
onebythreeblog_20110502_1.jpg
フィンランドからわざわざ後楽園にやってきたムーミン
わずか30分の滞在でフィンランドに帰っていきました。
そのあとかわいらしいニョロールをぱくつきましたとさ。
onebythreeblog_20110502_2.jpg
【2011/05/02 09:32 】 | 雑記/日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ