昭和薬科大学の温室
先の土曜日、日中暇だったので久々に植物園の新規開拓に比較的近場の町田の昭和薬科大学に
例によって最近のマイブーム自転車にて
町田の山をなめていた
アップダウンの連続で、距離的には片道15キロに満たないのに疲労困憊
おまけに住宅街のなかにあって、迷いに迷って、正門にたどり着けず・・・
西門?から闖入しました 笑
onebythreeblog_20110131_8.jpg
薬用植物園の全体はこんなかんじ
onebythreeblog_20110131_1.jpg
あまり大きくないですが温室もあり
水生植物なんかもあるようですが、興味が無いし寒いので温室へゴー
onebythreeblog_20110131_2.jpg
入り口付近にブラジル松
onebythreeblog_20110131_4.jpg
鑑賞温室ではないので渋い薬用植物が中心
セイロンニッケイ
onebythreeblog_20110131_3.jpg
似ているけれど違うこちらはシナニッケイ
onebythreeblog_20110131_5.jpg
ショウガ科の薬草がたくさんありました。
これはヤクチ
onebythreeblog_20110131_6.jpg
赤い新芽はジャワケイヒ
onebythreeblog_20110131_7.jpg
結実しおりましたよ~
なかなか渋い温室で楽しめましたが、いかんせんアクセスが悪い
しかも公開は土曜だけですのでいかれる方はご注意を!
ちなみに画像にはありませんが、ヤシ科ではビンロウジュとエウテロペ・エデュルス
あとはココヤシあたりが確認できました。
この日の夜は都内某所で熱帯植物の会の新年会
飲んだくれました~
【2011/01/31 21:32 】 | ヤシソテツ紀行 | コメント(0) | トラックバック(0)
自転車で詣でる
初詣は実家傍の氏神様に詣でたんだけど、自転車と暇があるのでちょっと遠出して川崎大師まで
途中京急の港町駅付近で撮り鉄の面々が撮影していたので、便乗してパチリ
トンネルから出てくる姿にマニアならずとも萌え~
onebythreeblog_20110123_4.jpg
そこから自転車で10分足らずで川崎大師到着
onebythreeblog_20110123_5.jpg
三が日は驚くばかりの混雑でしょうが、1月も下旬ともなると随分落ち着いてきてます。
とはいえ、ごらんの人混みでしたが。
onebythreeblog_20110123_6.jpg
片道25キロ
1時間半の行程でした。
【2011/01/23 23:11 】 | 雑記/日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
最近のデジカメの性能
たるや驚くばかりです。
コンデジを初めて買ったのは10年位前かな。
ソニーのサイバーショット
そのころは200万画素で満足してました。
その後、ニコンのD70を買ったのが、7,8年前
一眼のシャープな画像にほれ込んでもう一生カメラを買い増すことは無いだろうと思ってたんだけど、D70は若干重くて、自転車散歩で持ち歩くのは苦痛
てなわけでちょっと古めのコンデジが安かったので買ってみた。
試し撮り
どうでしょう。
onebythreeblog_20110123_1.jpg
設定とか全然してません。
電源入れて撮っただけ。
onebythreeblog_20110123_2.jpg
ピントも勝手に合うし、シャープでびっくら
onebythreeblog_20110123_3.jpg
デジタルの世界の10年って・・・タイムマシーンに乗って~お願い♪
【2011/01/23 22:36 】 | 雑記/日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
ちあきなおみ
不肖にしてこんな超人がいることをいままで知らず。
もちろん存在は知ってましたが、喝采を歌った化粧の濃い歌手というだけの認識
ふとラジオで久しぶりに耳にした喝采を聴いたら琴線が震えたのだ。

youtubeにていろんな曲を聴いてみたら、どの曲もど真ん中
こんなに心に染み入る声、情感を出せる人は稀有なんじゃなかろうか。

このまつ毛バリバリのメイクは平成の今リバイバルヒット中ですね~

何者かに取り付かれたような素晴らしい絶唱!!
紅白の映像で、当時は物議をかもしたとか
曲が終わったあとの司会者の「なんとも気持ちの悪い歌ですね~」というコメントが悲しい・・・


92年に引退されてしまったようです。
生で聴いてみたかった・・・
最後の曲
【2011/01/22 23:37 】 | 雑記/音楽 | コメント(2) | トラックバック(0)
羽村の堰にいってきた
冬季は園芸休止のため春まで自転車ブログに変身ー
この間多摩サイクリングロードの南端の羽田にいったので、本日は暇に任せて多摩川の上流を攻めてみた。
キョウレツな向かい風で、まったくスピードでません。
普通行きはよいよい帰りは怖いのですが、真逆で行きは怖いが帰りはよいよい
行きは片道2時間30分
帰りは1時間30分
この差って・・・自然には抗えませんなあ。
onebythreeblog_20110116_1.jpg
画像は目的地の羽村の取水堰
往復で64キロの行程でした。
【2011/01/16 21:23 】 | 雑記/日記 | コメント(4) | トラックバック(0)
自転車で羽田空港
一人になってから時間が余っているので暇つぶしと、有酸素運動の道具として昨年末チャリンコを買ったのである。
チャリ通勤をしたり、暇な休日は近場をウロウロしていたんだけれど、今日はちょっと気合を入れて羽田空港までいって来た。
片道28キロほどの道のり
都合のよいことに自宅近くから多摩川のサイクリング道路に乗れるので、ほぼ一本道
遮るものもなくきもちよくはしったのだ。
でも途中で疲れて、尻も痛くてちょっと泣きそうになったのはいうまでもない。
onebythreeblog_20110108_1.jpg
画像は弁天橋を渡ったところにある鳥居
onebythreeblog_20110108_2.jpg
画像は話題の国際線ターミナル
新品の香りが漂っておりました。
せっかくだから構内散歩と思ったんだけども、あんまり時間が無かったので、物見遊山は次回にお預けとなりました。
往復で3時間半かかりました。
尻がまだ痛い・・・
【2011/01/08 23:01 】 | 雑記/日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
ヤシおりおり vol.165 我が国自生の数少ないヤシのひとつ”ではない”トウジュロ
明けましておめでとうございます。
今年もヤシおりおりをご贔屓に~
今年は高望みせずに現実的な目標としてvol.200の達成をかかげましょ
千里の道も一歩からの精神で着実にいきます。
とうことで、新年の第一歩は本土の人間には最もおなじみのヤシのひとつトウジュロです。
Trachycarpus wagnerianus Becc., Webbia 5: 70 (1921).
onebythreeblog_20101227_1.jpg
という名ですが、World Checklist of PalmsやPalms of Southern Asiaなど最新の分類によると、ワジュロ(Trachycarpus fortunei)のシノニム扱いになっています。
とはいえ、形態の差異は一見して明らかなので、一応分けて紹介します。
ラベルには中国原産とありますが、原産地は明らかになっていません。
ただし古来より日本に移入していたらしく、19世紀のドイツの植物学者のワーグナーさんが日本からヨーロッパに最初に本種を輸入したとのこと。
種小名もワーグナーさんにちなみます。
onebythreeblog_20101227_3.jpg
幹の最大高は10メートル
葉は脱落しますが、葉鞘基部は長く幹に繊維状に固着し、その繊維がタワシや縄などの用途に用いられます。
もっとも現在はそういった生活用品の原材料はココヤシに置き換わっていると思われます。
onebythreeblog_20101227_4.jpg
画像のトウジュロは名古屋の植物園のもの
幹の繊維は綺麗に剥ぎ取られており、一見すると別の掌状ヤシに見えます。
このスタイルであれば見方によってはトロピカル?
onebythreeblog_20101227_2.jpg
ワジュロとの見分け方は葉の大きさと、葉先の形状です。
トウジュロの葉の幅は最大でも70センチ程度ですが、ワジュロは1メートル近いです。
ワジュロは大きい葉が深く裂けるので、切片をしっかり支えることができずに葉先が折れ曲がりますが、トウジュロはそれぞれの裂け目がそこまで深く裂けないので、葉先はピンとしています。


参考文献

An Encyclopedia of Cultivated Palms
Palms Throughout the World
【2011/01/01 16:18 】 | ヤシおりおり | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ