FC2ブログ
ヤシおりおり vol.144 オーストラリアのファンパーム
今日は仕事の打ち合わせで某モールへ
クリスマスとお歳暮商戦まっさかりでした。
どちらにも縁のないのがちょっとさびしす・・・
さて、そんな冬に全くふさわしくないヤシの紹介
Licuala ramsayi (F.Muell.) Domin, Biblioth. Bot. 85: 500 (1915).
連日同じようなヤシですまん。
オーストラリのクイーンズランド州に自生する掌状ヤシ
onebythreeblog_20101124_1.jpg
自生環境は熱帯雨林の河川沿いです。
単幹のヤシで、自生地での最大長は幹高で15メートル程度
本種の特徴は他では見られない形をした葉です。
onebythreeblog_20101124_2.jpg
まん丸の円形の葉に切れ目が入ります。
が、うちのはおちびちゃんなのでそれは随分先の話
成長は遅いとされています。
画像の苗は2009.2.2実生
近縁のマルバウチワヤシより大型で、見栄えがします。
ウチワヤシ属のなかでは最も耐寒性がある種類の一つとなりますが、冬季の屋外越冬は相当リスキーとおもわれます。
霜には耐えないでしょう。
onebythreeblog_20101124_3.jpg
幼苗のころは日陰で管理しますが、成長とともに日照にも耐えるとのこと。


参考文献

An Encyclopedia of Cultivated Palms
Palms Throughout the World
スポンサーサイト



【2010/11/25 21:42 】 | ヤシおりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |