スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
ヤシおりおり vol.147 イスパニョーラ島の帽子ヤシ
最近ダイエットのため、粗食に甘んじてるんですが、軽い夕食を食べた後、腹が減るので激辛のビーフジャーキーをスルメのように食べておる。
その激辛具合が半端ではなく、翌日必ずといっていいほど腹を下します。
そのおかげでなんだか体調が優れないのです。
脱激辛しなくては。。。
そんな本日のヤシは、寒い冬には似合わないイスパニョーラ島の子ヤシを紹介
紹介するにあたってイスパニョーラ島ってどこぞかなあと調べてみると、カリブ海に浮かぶ大きな島で、西側をハイチ共和国、東側ドミニカ共和国が統治しているとのこと。
ハイチといえば今年の1月に大きな地震がありました。
そもそも世界最貧国のひとつの上に、巨大地震でかなり大変な状況のようです。
自身前のハイチについてはミラクルバナナという映画をみるとわかりやすいかも。
onebythreeblog_20101127_4.jpg
そんなイスパニョーラ島や、キューバに自生するのが本日のヤシ
Sabal domingensis Becc., Webbia 2: 49 (1908).
もはや、手持ちのヤシで見ごたえがあるようなでかい苗は、紹介しつくした感があるので、必然的に芽だししたばかりのしょぼい画像しかなくてすまん。
Sabal domingensis Becc., Webbia 2: 49 (1908).
というヤシで、イスパニョーラ・パームと呼ばれております。
大型のヤシでマッチョな単幹、掌状葉
幹は成長すると10メートルに
掌状葉はコスタパルメイトと呼ばれる大きな葉身を支える中肋があります。
同じくマッチョな同属のオニサバルと同じ様な姿で、2種を同定するのはむずかしいとのこと。
種子のサイズや形が異なっているみたいですね。
耐乾性、耐寒性ともに備わっていて、
USDA Zones 9 - 10
現地ではオニサバル同様、葉の繊維を煮て乾燥させて帽子を編むんだそうですよ。
だから帽子ヤシってね。


参考文献

An Encyclopedia of Cultivated Palms
Palms Throughout the World
スポンサーサイト
【2010/11/29 18:20 】 | ヤシおりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
ヤシおりおり vol.146 めちゃめちゃいけてる 銀葉のノコギリヤシ
めちゃめちゃなんたらというテレビ番組の某氏が仕事に復帰したというどうでもよすぎるニュースに沸きかえった昨日から一夜明けた本日
ヤシもこのニュースにあやかって
めちゃめちゃいけてる銀葉のヤシを紹介してみよう。
onebythreeblog_20101127_3.jpg
どうでしょう!
すばらしい青さでしょう?
え?小さすぎてまったくわからない??
ですよね、でも近くでまじまじと見るとなるほど銀葉なんですよ。
うっすらと粉を吹いています。
あと2年もすれば掌状の葉がでてくるでしょうから化けると思います。
このヤシは、有名なノコギリヤシの地域変種で、
Serenoa repens Georgia Silver
といいます。
アメリカのジョージア州中部産で、ノコギリヤシの分布域で最も北方かつ最も内陸部ということで、ただでさえ耐寒性があるノコギリヤシの中でも最も耐寒性に優れる種と考えられています。
全草銀色、シルバーリーフで観賞価値があります。


参考文献

An Encyclopedia of Cultivated Palms
Palms Throughout the World
【2010/11/28 11:25 】 | ヤシおりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
共同購入の備忘録
こんな時期ですが共同購入にていくつか植物を買ってみました。
はるか旅をして昨日到着
onebythreeblog_20101127_1.jpg
後の記録しときましょう。
Arisaema dilatatum
Paris uaniotii
Goodyera yunnanensis
Sinopodophyllum hexandrum
Lilium lophophorum
【2010/11/28 00:30 】 | 雑記/日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
ヤシおりおり vol.145 シュロの故郷インド東北部の新種ヤシ
2000年代に発見されたばかりの新種で、正式な学名は無く、Trachycarpus sp. "Manipur"とか "Naga Hills"あるいは、"ukrhulensis"などと仮称されていましたが、ようやく2006年に
Trachycarpus ukhrulensis M.Lorek & K.C.Pradhan, Bot. Jahrb. Syst. 126: 420 (2006).
で記述されたみたいですね。
インド東北部、ビルマとの国境のナガランド州原産の掌状ヤシ
Trachycarpus princepsとの関連性が認められています。
このヤシの特徴は、葉の裏側の色です。粉を吹いたような白いで美しく観賞価値があります。
onebythreeblog_20101124_4.jpg
画像の苗はTrachycarpus sp. Naga Hillsで入手した種子からの実生
4,5年前に蒔いた種子が種子が成長してここまでに
汗と涙の成果物です。
われながら完璧にできた。
onebythreeblog_20101124_5.jpg
強い耐寒性があるといわれ、霜にも十分耐えるとされているとおり、我が家では年間通して屋外軒下管理で痛みなく問題ありません。
onebythreeblog_20101124_6.jpg
小葉が分かれ始めてからは成長は着実です。
onebythreeblog_20101124_7.jpg
次の、画像でわかるとおり、葉は細かい葉身、幼柄ともに細かい毛で覆われているのが他のシュロとちゃいます。
onebythreeblog_20101124_8.jpg


参考文献

An Encyclopedia of Cultivated Palms
Palms Throughout the World
【2010/11/26 13:00 】 | ヤシおりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
ヤシおりおり vol.144 オーストラリアのファンパーム
今日は仕事の打ち合わせで某モールへ
クリスマスとお歳暮商戦まっさかりでした。
どちらにも縁のないのがちょっとさびしす・・・
さて、そんな冬に全くふさわしくないヤシの紹介
Licuala ramsayi (F.Muell.) Domin, Biblioth. Bot. 85: 500 (1915).
連日同じようなヤシですまん。
オーストラリのクイーンズランド州に自生する掌状ヤシ
onebythreeblog_20101124_1.jpg
自生環境は熱帯雨林の河川沿いです。
単幹のヤシで、自生地での最大長は幹高で15メートル程度
本種の特徴は他では見られない形をした葉です。
onebythreeblog_20101124_2.jpg
まん丸の円形の葉に切れ目が入ります。
が、うちのはおちびちゃんなのでそれは随分先の話
成長は遅いとされています。
画像の苗は2009.2.2実生
近縁のマルバウチワヤシより大型で、見栄えがします。
ウチワヤシ属のなかでは最も耐寒性がある種類の一つとなりますが、冬季の屋外越冬は相当リスキーとおもわれます。
霜には耐えないでしょう。
onebythreeblog_20101124_3.jpg
幼苗のころは日陰で管理しますが、成長とともに日照にも耐えるとのこと。


参考文献

An Encyclopedia of Cultivated Palms
Palms Throughout the World
【2010/11/25 21:42 】 | ヤシおりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
ヤシおりおり vol.143 初心忘れるべからず 耐寒性のある棘リクアラ
このブログでヤシねたを書き始めたのが、2008年2月
記念すべき第1号記事はたしかこんなの
http://blogofpalms.blog15.fc2.com/blog-entry-3.html
そこで登場したのが、今日再び登場のリクアラ
Licuala spinosa Wurmb, Verh. Batav. Genootsch. Kunsten 2: 474 (1780).
onebythreeblog_20101120_6.jpg
フィリピン~ニコバル諸島にいたるまで東南アジア全域に見られる掌状葉を持つユニークなヤシです。
リクアラ属の中ではもっとも、広範囲に分布していることからわかるように、このヤシの特筆すべき点はなんと言っても、その強健さです。
驚くことに多少の霜にも耐えるという記述があります。
本当かどうかわかりませんが、少なくともリクアラ属の中で最強の耐寒性があるといえそうです。
沖縄や奄美など一部温暖な地域を除けば最良のチョイスかも。
zone10-11
onebythreeblog_20101120_7.jpg
欧米ではスパイニー・リクアラと呼ばれるとおり、葉柄に棘がでるみたいですが、うちのはまだ苗だからか見られません。
オーストラリアではマングローブ・ファン・パームと呼ばれています。
自生環境が海岸沿いのマングローブ地域と重なることからきています。
自生環境からわかるとおり、大の水好きで腰水栽培可能と思われます。
マングローブ植物と考えて栽培するとよい結果が出そうです。
onebythreeblog_20101120_8.jpg
掌状のヤシで、株立ちします。
成長すると幹は4メートルを超えるそうなのです。
1枚目の画像はタイで見たものですが、たしかに巨大な茂みを作ってました。
onebythreeblog_20101120_9.jpg
手をかけてないので成長は遅いです。
2007年2月実生


参考文献

An Encyclopedia of Cultivated Palms
Palms Throughout the World
【2010/11/22 04:45 】 | ヤシおりおり | コメント(2) | トラックバック(0)
ヤシおりおり vol.142 マダガスカル発 成長激遅マソアラ その2
部屋に取り込む苗を整理してたらまだ紹介していないヤシがたくさん出てきたので順を追って紹介するべえ。
以前、ヤシおりおり vol.64 マダガスカル発 成長激遅マソアラ
で紹介した、マソアラの別種
Masoala kona Beentje in J.Dransfield & H.Beentje, Palms Madagascar: 425 (1995).
マソアラ属は現在のところこの2種だけの記述されてます。
マダガスカリエンシスは北東部産ですが、本種はイファナディアナと呼ばれる中部地域産
konaとは現地でこのヤシをコナとかコグネと呼んでいることにちなみます。
onebythreeblog_20101120_4.jpg
単幹、羽状のかなり大型のヤシで、幹は7メートルを超えます。
葉はアーチせずぴんと伸びるため、樹冠はバドミントンのシャトル状になります。
onebythreeblog_20101120_5.jpg
耐寒性はほとんどないと思われます。
成長は早くは無いけれど着実なほうかな
画像の幼苗は2009年6月13日実生


参考文献

An Encyclopedia of Cultivated Palms
Palms Throughout the World
【2010/11/21 22:20 】 | ヤシおりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
ヤシおりおり vol.141  トノサマオヤマヤシ キューバの大きな羽状ヤシ
寒さが身にしみてきました。
そんな時節柄にサーキュレートヒーターを激安でゲットできたので、今年は納屋を加温しようかなあとおもっとります。
12月になったら始動します。
さて本日のお題はキューバの大きな羽状ヤシ、
Gaussia princeps H.Wendl., Nachr. Königl. Ges. Wiss. Georg-Augusts-Univ. 1865: 328 (1865).
とはいえ、うちのはチビ苗なのでまったく大きくないのですが。
onebythreeblog_20101120_3.jpg
キューバの最西端の熱帯モンスーン林に自生しており、土壌は石灰質
現地でmogotesと呼ばれる石灰岩の丘陵に多く見られるそうです。
単幹、羽状のヤシで幹は成長すると10メートル近くまで。
幹はほとんど白といえる色合いです。
本種は幼樹のうちはトックリヤシのような洋ナシ形の幹を形成し、その後さらに細い幹を形成し独特の樹形になります。
耐寒性は無く、zone10-11
属名は19世紀のドイツの数学者Karl Gaussにちなみます。


参考文献

An Encyclopedia of Cultivated Palms
Palms Throughout the World
【2010/11/21 10:21 】 | ヤシおりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
紅葉
数少ない多肉が紅葉して綺麗だな。
いろんな種類を寄せ植えしたのが3年位前
そのまま放置で、野趣あふるる景色になってます。
onebythreeblog_20101120_1.jpg
【2010/11/20 23:18 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
実生のアガベ
2009年6月に気まぐれで蒔いてみたアガベが蒔いた10%位はものになりそう。
最近ようやくこの手の水遣りというか管理が少しわかってきた。
ヤシや熱帯物ばかり扱っていると、どうしても水を頻繁にあげたくなるけど、ひたすら心を鬼にして水遣りを我慢することだねえ。
あとはオープンな用土と側面に穴が開いたポットを併用してなるべく乾くように心がけております。
onebythreeblog_20101114_6.jpg
Agave ithsmensis Salina Cruz, Oax, tight interlacing leaves
onebythreeblog_20101114_7.jpg
Agave bovicornuta big red teeth, like cows horns
onebythreeblog_20101114_8.jpg
Agave colimana Pt Esmeralda, Col, frayed narrow leaves
onebythreeblog_20101114_10.jpg
Agave aktites San Carlos, Son, small narrow leaf
【2010/11/14 18:15 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(4) | トラックバック(0)
冬型球根
冬型球根という言葉があるのかわからんけれども、夏は葉を落として涼しくなって成長を始めるタイプ
南アフリカの球根の種を今年の春に蒔いて、この時期に成長をはじめたよ。
onebythreeblog_20101114_4.jpg
Ferraria ferrariolaアヤメ科
onebythreeblog_20101114_5.jpg
花アロエ Bulbine frutescens ユリ科
【2010/11/14 13:00 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
Canna altensteinii
確か、Canna altensteiniiという名ででフランスより取り寄せたカンナ
巨大なカンナで、地植え2年目で現在2メートル越してます。
onebythreeblog_20101114_2.jpg
フト見上げると、そこには蕾がありました。
晩秋に咲くカンナもまたおつなものか。
onebythreeblog_20101114_3.jpg
【2010/11/14 09:47 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(7) | トラックバック(0)
沖縄からやってきて幾年月
onebythreeblog_20101114_1.jpg
画像のハカマウラボシ
沖縄の方から分けていただいたのが、3、4年も前でしょうか。
性質いたって強健で、現在でも元気いっぱいです。
冬にむかって新葉を展開して、夏は葉を落とします。
今まさに新葉がでてきていちばん美しいです。
コルクに貼り付けて、壁面に吊って栽培中
【2010/11/14 09:44 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
その後のEchium virescens
あまり日本の夏の暑さは好きじゃないみたいで涼しくなって成長し始めました。
onebythreeblog_20101108_1.jpg
時期が微妙だけど鉢増ししてみました。
雨が当たらぬ環境で、乾かし気味に育ててますがはたしてこれでいいの変わるいのかよくわかりません。
【2010/11/10 03:45 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
オリーブの木のようなハケア
以前共同購入で買ったオーストラリアのハケアの一種
Hakea oleifolia (Sm.) R.Br.
この業者の種子の発芽率はいまいちだった気がするけれども、いくつか発芽して、その中のひとつ
onebythreeblog_20101106_5.jpg
この状態では判然としないんですが、もう少し大きくなると、葉がオリーブの葉みたいになるみたいです。
種小名も「オリーブのような葉」という意味
新葉の先が朱に染まってかわいいですね。
【2010/11/09 11:30 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(2) | トラックバック(0)
Brahea dulcis (Blue)
これも自分的には最高の出来なんだよね~
こういう苗ができるとヤシ栽培やっててよかったと思えます。
2675.jpg
マニアックな種なので売れるとは思えぬけれど...
【2010/11/08 23:02 】 | 熱帯種苗 | コメント(0) | トラックバック(0)
Hesperaloe funifera
チワワ砂漠産のヘスペラロエ
えらく強健な予感がします。
zone7以上でいけるようなので、枯らすことはなさそう。
onebythreeblog_20101106_2.jpg
そんなやつらがこんなに発芽したよ。
特に美しくもないロゼット状の姿
発芽したからには大切に育てましょうかね。
【2010/11/08 22:13 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(2) | トラックバック(0)
The Party's Over
今年の熱帯園芸シーズンはオワタ


onebythreeblog_20101106_3.jpg

夏の残滓がてんこ盛り
管理が悪くて魂の無い遺体がてんこ盛り
多分処分したポットの数は500近いのではないでは・・・
植物たちの挽歌が聞こえる。
てなわけで、A Corpse Without Soul

【2010/11/07 16:00 】 | 雑記/日記 | コメント(4) | トラックバック(0)
ど根性×××と赤い豆
深い意味は無いです。
言葉通り
まずは、ど根性×××
onebythreeblog_20101106_4.jpg
スリット鉢のスリットから発芽してここまで大きくなりましたよ。
それこもこれも使用済み残土を使っているから。
当然ラベル落ちなので×××です。
まあ、ユッカのYucca rigidaあたりだと思われる。
でもって赤い豆はこちら
onebythreeblog_20101106_1.jpg
新葉が展開する際に朱色にそまっているんです。
綺麗でしょう。
こちらもラベル落ち
たぶんマメ科のカッシアの何か。
カッシアは豆を処理しないで蒔くと発芽までに1年近くかかるので、気長に待つようにねー
この鉢はかなりカオスで、残土からいろんなものが発芽してきます。
現在はカッシアが2品種とユッカが同居中
【2010/11/07 06:45 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
Jackson Browne-fountain of sorrow
随分冷え込んできましたね~
今週末で冬越しの準備完了させないとまずそうです。
ところで本日のお題はJackson Browne

不肖にしていままでこのすばらしいアーティストを知りませんでした。
人生の悲しさ、人間の悲しさを語る人
この年ではっきりしました。
ワシはメタルでもパンクでもフォークでもなく、
ウエストコーストサウンドというものに琴線が共鳴するのだと。
この秋冬はJackson Browneで決まりだなあ。
【2010/11/06 22:25 】 | 雑記/音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)
柿はどうすれば旨く食べられるのか
今年は柿が豊作でとってもとってもまだ採りきれぬ
非常に残念なことに柿は好物というほでもは無いため率先して食べないのである。
向くのが面倒だし、肥料を与えていないので甘みもそれほどでもないし。
食べごろを見分けるのもむずかしい
onebythreeblog_20101103_2.jpg
どなかた上手い食べ方を教えてくだされ
【2010/11/06 22:25 】 | 雑記/日記 | コメント(4) | トラックバック(0)
クラプトンの枯葉
庭に柿の木の枯葉が降り積もってます。
こんな季節はジャズの古典でも聞きましょか。

なんとエリック・クラプトン様がカバーしております。
良いです。
スルメノごとく味があります。
【2010/11/04 05:30 】 | 雑記/音楽 | コメント(2) | トラックバック(0)
ドラッグ大好き
米カリフォルニア州 マリファナ合法化案を否決
本日住民投票によって残念?ながら否決されたようです。
こんなもの個人の自由にまかせればと思う。
常習性ならタバコのほうが・・・
好きな人はオランダにいってくださいませ。
ちなみにワシは合法ドラックを常用してます。
といっても脳内麻薬ですが。
8月頃から弛みきったお腹を引っ込ませようとジム通い。
onebythreeblog_20101103_1.jpg
画像のhoodia gordoniのごとく弛んでおります。
腹は引っ込まないけれど、お尻がキュッと締まってきたよ!
ジムにてジョギングとか有酸素運動を30分くらい続けると、終わった後はかなりテンションがあがります。
疲れたり、煮詰まっているときこそ運動がいいかもね。
この合法ドラッグにより最悪の時期を脱しつつある今日この頃なんです。
【2010/11/03 21:45 】 | 雑記/日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
ほんとうに久しぶり
面倒でさっぱり足を洗ったオクですが、よい苗ができたので一株出品してみよう。
この時期なので耐寒性があって、なおかつある程度成長した、そのまま屋外越冬できそうなレベルのもの限定でいきますぞ。
第一弾は最強の耐寒性
ハリヤシどす。
2674.jpg
なかなか良い出来と自画自賛
【2010/11/02 22:26 】 | 熱帯種苗 | コメント(2) | トラックバック(0)
ヤシおりおり vol.140 ダイヤモンドはジョーイだけではないのだ
久しぶりにヤシおりおりを一席いってみよう。
Licuala grandis H.Wendl., Ill. Hort. 27: t. 412 (1880).
という掌状ヤシ
掌状といっても小葉が分かれない扇状、あるいはダイアモンド状のラウンドリーフが最大の特徴
リクアラ属を代表する象徴的なやつです。
単幹のヤシで成長すると幹は3メートルを越します。
先日見に行った水戸の植物園にて結構なサイズの株があったのでパチリ
onebythreeblog_20101101_2.jpg
葉先に痛みがありますね。
ここまでのサイズになれば全日照に耐えれると言うことなので、その他の要素、たとえば、湿度や温度がこのヤシの好みに合わないんだと思われますが、それでもこのサイズまで育っているのは、このヤシの強健さの証だと思う。
熱帯のヤシの中ではショウジョウヤシに次いで普及しているので、観葉植物の専門店や高級園芸店なんかで入手できると思われます。
太平洋のバヌアツがルーツと考えられていますが、その周辺の島々で普通に見られるようです。
強健とはいえ耐寒性は無く、10b以上が必要で、おそらく湿度も高ければ高いほど喜ぶと思いますよ。


参考文献

An Encyclopedia of Cultivated Palms
Palms Throughout the World
【2010/11/02 19:45 】 | ヤシおりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
メロンがもうすぐ収穫できそう
今年の夏の高温で生育が芳しくなかったんだけれど、涼しくなってようやく収穫できそう。
マスクメロンは栽培が難しいのでハネデューにしたけどそれが吉と出たかな??
onebythreeblog_20101031_10.jpg
というまっかなうそはここまでにして
これは。葉が翼を広げた蝙蝠のようなので、bat-leaf passion flowerとよばれているトケイソウの一種
Passiflora coriacea
食用ではないのが残念ですが、実が小さすぎて食べる気もおきません。
【2010/11/02 10:00 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
夜の女 Lady of The Night
という名の花がある。
onebythreeblog_20101031_8.jpg
そんな花の種を蒔いたのは淋しいから・・・
というのは出鱈目で、蒔いたことすら覚えていない。
2/25に蒔いて今頃発芽
もうすぐ冬なのにどうしよう。
夜の女のような芳しい香りがするという。
Brunfelsia lactea
【2010/11/02 04:00 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(2) | トラックバック(0)
Arum dioscoridis var. cyprium
見方によっては美しい、見方によっては気持ちの悪い花のアルム
共同購入で買った芋が涼しくなって芽を出した。
onebythreeblog_20101031_9.jpg
キプロス島原産だそうで
開花が楽しみだなあ。
【2010/11/01 20:30 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(2) | トラックバック(0)
ヤシからタケへ
もうヤシは飽きてきた。
どれも同じようなもんだし。。。
これからは環境にも優しいタケにシフトしたいなあとなかば本気で思ったりしてます。
ただいかんせん世界には面白そうなタケがたくさんあるのに、日本ではなかなか多品種を入手することがむずかしいのよね。
onebythreeblog_20101031_7.jpg
タケマイブームの第一弾がこちら
Dendrocalamus membranaceus
まぁ~さん由来の種子からそだててます。
台湾からミャンマーあたりまで広く自生する熱帯のタケ
空中根らしきものが伸びていて、日本のタケとは全然ちゃいますな
【2010/11/01 19:00 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(4) | トラックバック(0)
カナリア諸島のユーフォルビア
今日から11月ですね。
一年なんてあっというまです。
さあて本日はカナリア諸島のユーフォルビア
Euphorbia atropurpureaです。
onebythreeblog_20101031_6.jpg
アルビノさんのデータベースによる紫キリンとう園芸名がついているみたいです。
情報がほとんどないんですが、冬季最低温度5度というのがありました。
そろそろ、半耐寒性の多肉たちを取り込まなくては。
ちなみに非耐寒性のお坊ちゃま、お嬢様たちはすでに室内に入れました。
今年はヤシは増やしてないんだけど、多肉と球根植物を蒔いたからそいつらの冬越しの場所が無いぃぃぃぃ
【2010/11/01 09:30 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。