FC2ブログ
ヤシおりおり vol.139 下半身が赤いヤシ
何ヶ月ぶりかのヤシおりおり
いろいろありまして植物に対するモチベーションが減退気味
ヤシもしかり
現状育てているものをとりあえず維持するのみとなっております。
それでも生き物だから勝手に育ってくれるのね。
2年前に袋に蒔いたブラヘア各種がここにきて大量発芽中
うれしいはうれしいんだが大量すぎて植えつけるのが正直面倒になってきた
てなことを言っているとヤシの神様にしかられる~
さあて本日のヤシは・・・
Socratea exorrhiza (Mart.) H.Wendl., Bonplandia (Hannover) 8: 103 (1860).
onebythreeblog_20100822_6.jpg
タコノキ状の気根によって幹を支えるヤシです。
この手のヤシでマニアに知れ渡っているのがタケウマキリンヤシですが、今日のはちょっとマイナー級
ニカラグア、コスタ・リカ、パナマ、コロンビア、エクアドルなど、熱帯アメリカ各国に自生しております。
熱帯雨林のヤシです。
単幹で成長すると20メートルを越します。
種小名は”外に出た根”という意味で、本種の特徴である気根をあらわしています。
実生後2年程度しかたっていないのでまだ気根らしい気根はでていませんが、株元を見るとそれっぽい太い根が発達しています。
でタイトルの下半身が赤いというのがこちらの画像
onebythreeblog_20100822_7.jpg
面白いでしょう。
葉が落ちた跡がこのように赤いんです。
現在新葉展開中
熱帯のヤシなので耐寒性はなく、zone11が望ましいとのことです。
onebythreeblog_20100822_8.jpg


参考文献

An Encyclopedia of Cultivated Palms
Palms Throughout the World
スポンサーサイト



【2010/08/22 21:44 】 | ヤシおりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
ドームヤシの本葉
発芽したドームヤシをロングポットに植えて本葉がきれいに出てくれるか祈るような気持ちで数週待っていたところ、一鉢だけ葉がでてきたよ!
onebythreeblog_20100822_3.jpg
6粒発芽して1粒は発見が遅くて既に腐り始めていたので、残る5粒をロングポットへ
この一株以外の残り3粒は腐って一株はなんとか生きているっぽいがまだ葉が見えない
かなりの高温(かんじとしては30度以上あったほうがよさそう。温度が足りないと子葉の展開が伸び悩み、腐ります)と極めて水はけのよい用土
水遣りは辛めに
用土表面がからからに乾いたらタップリ潅水
ロングポットで植えつける
という条件がそろえば成功しそうです。
onebythreeblog_20100822_4.jpg

ってなんとも面倒なヤシです。
砂漠のヤシは熱帯高地産のヤシと同じくらい難しいかも。
一株できたら今後は手を出したくないっす。
【2010/08/22 20:52 】 | ヤシおりおり | コメント(2) | トラックバック(0)
Chilopsis linearis
北米南部原産の潅木
デザートウィローと呼ばれているようです。
花がピンクで可憐です。
なぜかこちらもオーストラリアの種苗会社より導入した種子よりの実生
onebythreeblog_20100822_2.jpg
【2010/08/22 20:40 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(2) | トラックバック(0)
Polyosma leratii
オーストラリアから導入した種子は時期が悪かったのか、事前のケアがまずかったのか発芽率がきわめて悪く、2種類しか発芽せんかった
そのひとつがこちら
onebythreeblog_20100822_1.jpg
どんな植物なのかよくわかりません。
これを蒔いた動機もよくわかりません。
雑草にしかみえん・・・・
【2010/08/22 20:32 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(4) | トラックバック(0)
| ホーム |