FC2ブログ
またまた登場 Browneopsis ucayalina
当ブログもはや新たなネタはありません。
過去の焼き直しで延命を図りましょう。
てなわけでまたまた登場 Browneopsis ucayalina
今年蒔いた種子がここにきていっせいに発芽し始めた。
でかい種子で発芽容易かと思いきや、発芽までに半年近くかかるとはなかなかの強敵です。
onebythreeblog_20100807_6.jpg
以前蒔いたときほとんど発芽せずに腐ったので蒔き方を聞いたところ、特別なケアは必要なし
ただ蒔くべしとのお告げ
猛暑日が続いて発芽したところを見ると発芽にかなりの温度が必要なようです。


過去記事はコチラ
http://blogofpalms.blog15.fc2.com/blog-entry-318.html
http://blogofpalms.blog15.fc2.com/blog-entry-229.html
http://blogofpalms.blog15.fc2.com/blog-entry-227.html
【2010/08/07 22:06 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
Uvaria ovata 2010
西アフリカのシエラ・レオネ~トーゴ原産の
2.5メートルほどに成長する小潅木
バンレイシ科で果実は甘くて生食できるようです。
こちでちょっと気持ち悪い果実の画像が楽しめます。
去年よりもかなり大きくなりました。
onebythreeblog_20100807_7.jpg
植え替えのタイミングを逃したので来年まで寄せ植えで辛抱してもらいましょう。
こちらに情報アリ
http://plants.jstor.org/upwta/1_281
【2010/08/07 21:46 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
スプリングポエジー
園芸始めた頃って夢中でいろいろなものに手を出して収拾つかなくなりやがてはほとんど絶えてしまう
ということがあるとおもうのですが(少なくとも私にはありました)そんななかで絶えそうでぎりぎり耐えてきたのがこちらの園芸交配種のデンドロビウム
onebythreeblog_20100807_8.jpg
スプリングポエジーというラベルがついています。
ここ4年くらいほとんど愛を注いでいないので花をさかせません。
根詰まりで高芽が伸び放題
あまりにむごいのでバラバラに解体して植え直し
でもミズゴケなんて高級資材は替えないのでスリット鉢に普通の培養土で植えちゃいました。
根もぐんぐん伸びて元気そう
園芸種は強いですね~驚いた
【2010/08/07 21:46 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
Adansonia grandidieri
引き続きバオバブの発芽について
勾玉状の種子は種皮が分厚く、かなり硬いんです。
そのまま蒔いてもなかなか発芽しないので、蒔く前に種子をビンに入れて湯を注ぐ。
そうカップ麺に湯を注ぐ要領で。
でそのまま一晩放置
翌日にはあれほど硬かった種子がやわくなっているのでそのまま蒔く
念のため種皮に少し切れ目を入れておくとなおよいです。
そんなふうにするとこのような苗ができます。
onebythreeblog_20100807_4.jpg
マダガスカルのバオバブ
Adansonia grandidieri
【2010/08/07 21:37 】 | バオバブ盆栽 | コメント(0) | トラックバック(0)
Adansonia za
バオバブはすぐ発芽して面白いねえ。
園芸始めた頃から何回か蒔いているけどバオバブの発芽の速さは驚異的
30度程度の温度さえあれば1週間あれば苗ができますぞ。
こちらは2010.7.31に蒔いたもの
onebythreeblog_20100807_5.jpg
5粒蒔いて現在4株できました。
ちょっと暗いところで発芽させちゃったので若干徒長しちゃいました。
盆栽素材なのでちょっと痛いミス
【2010/08/07 21:29 】 | バオバブ盆栽 | コメント(2) | トラックバック(0)
Macrozamia stenomera
ソテツは似たようなものが多い中、これは幼苗のうちから他とは一線を画しております。
オーストラリアのニューサウスウェールズ州のソテツ
Macrozamia stenomera
小型で地下茎のソテツですがなんといっても松葉状の小葉が異色中の異色
ぱっと見たらソテツとは思えません。
onebythreeblog_20100807_3.jpg
種子の状態がよかったみたいで発芽率高し。
【2010/08/07 21:18 】 | ソテツおりおり | コメント(4) | トラックバック(0)
Encephalartos msinganus
連日暑いです。
とはいえそこはかとなく秋の気配も漂う今日の夜にソテツをひとつご紹介
南アフリカのクワズールー・ナタールのムシンガ近隣に自生するソテツ
Encephalartos msinganus
ナタレンシスやレボンボエンシスなどににていいるみたいです。
とはいえ幼苗のうちはどれも同じに見えますね。
onebythreeblog_20100807_2.jpg
ソテツは3年くらい経たないと魅力がわからんです。
葉もでかくなりずいぶん見れるようになってきた我が家のソテツをぼちぼち紹介していきましょうかね。
【2010/08/07 21:12 】 | ソテツおりおり | コメント(2) | トラックバック(0)
Puya coerulea
記録をたどると2008年の冬に種子を入手したみたい。
で多分翌年の春に実生
この夏でふた周りほどでかくなったぞ。
プヤはある程度大きくなった後は成長が早いですね。
ほどなく持て余しそうです。
onebythreeblog_20100807_1.jpg
【2010/08/07 20:58 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
アデニウム2種
これは2008年5月実生のアデニウム
Adenium somalense
結構大切に扱ってるんですが成長は漫然としてます。
春から秋にかけて屋外ベランダの軒下にて管理
onebythreeblog_20100801_5.jpg
これも同時期実生の
Adenium arabicum
上に伸びずに幹を太らせる方向に成長するみたいです。
onebythreeblog_20100801_6.jpg
【2010/08/01 20:21 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
Cyphostemma orondo
こちらも去年実生のキフォステンマ
多肉度はCyphostemma quinatum
にずいぶん落ちます。
葉も繊細な感じで色も薄いですね。
onebythreeblog_20100801_3.jpg
ちょっと調子を崩すと葉をおとしちゃいます。
ちょっと気難しいのかも
葉柄がピンクでかわいいぞ
onebythreeblog_20100801_4.jpg
【2010/08/01 20:12 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
Cyphostemma quinatum
去年実生のブドウ科コーデックス
キフォステンマが元気いっぱい
酷暑をものともせずに生き生きとした葉を出します。
狭い連結ポットに密集させて管理しておるのでツルが他の植物に干渉して曲がっております。
これはこれで味があるかな
onebythreeblog_20100801_1.jpg
こちらは別の株
葉ががっちり密に生えていて盆栽チックで好きだわ
onebythreeblog_20100801_2.jpg
【2010/08/01 20:10 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(2) | トラックバック(0)
前ページ | ホーム |