FC2ブログ
Stomatostemma monteiroae その後
前科紹介したときよりちょっとだけ成長したのでアップ
キョウチクトウ科のコーデックスというのは前回書いたんですがその後しらべても相変わらず情報不足
クリーム色で花弁の中心が茶色のグラデーションがある花を咲かせます。
アフリカ南部、ジンバブエ、スワジランドが原生地
塊根は直径5センチに肥大し、幹は1メートル程度に成長します。
onebythreeblog_20100711_6.jpg
以下のサイトでわずかながら情報が載っています。


http://www.sntc.org.sz/flora/speciesinfo.asp?spid=2311
http://www.bihrmann.com/Caudiciforms/subs/sto-mon-sub.asp
http://www.asclepiad-exhibition.org/Notes_Stapelianthus_-_Stomatostemma.htm
スポンサーサイト



【2010/07/11 23:25 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(2) | トラックバック(0)
部長にもらったデイゴ
蒔いたらすぐに発芽して現在に至る
ところでこれの学名なんでしたっけ?
コーデックスになるやに聞いた気がしますが空耳かしら
onebythreeblog_20100711_5.jpg
デイゴは葉が薄くて繊細ハダニの大好物
熱帯物の中でも結構栽培が難しいと思います
【2010/07/11 23:11 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
ツバキカズラ 続編
その後のツバキカズラ
前回はこちら
成長は着実で実生も弱弱しさがなくしっかりしています。
onebythreeblog_20100711_3.jpg
今回はすっかり有名になった?チリの種苗店より仕入れた種子からの栽培ですが、購入のタイミングがよかったのか発芽率がこの上なく良いです。
確か以前も同じ種苗店から入手していますがそのときは駄目駄目
どうやら種子の保存が利かないタイプと思われます。
発芽の秘訣はひとえに鮮度ですな。
【2010/07/11 22:54 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
Strophanthus petersianus
スゲー変な花を咲かせるストロファンタスが遂に発芽したー
Strophanthus petersianus Klotzsch in W.C.H.Peters, Naturw. Reise Mossambique 6: 276 (1861).
ケニアから南アフリカが原生地
onebythreeblog_20100711_1.jpg
ほんとであれば遂に開花~
といいたいところだが、残念ながらそれは数年先
たぶん去年買った種子を駄目もとで今年蒔いたやつだとおもう
詳しくはこちら
昔からあこがれていたから発芽はちょっと嬉しいぞっと
【2010/07/11 22:39 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
世界で最も大きな生物
それがこれだ!
onebythreeblog_20100711_2.jpg
北米ではビックツリーと呼ばれるジャイアント・セコイア
Sequoia sempervirens
発芽率は悪くなかったんですが、現存するのはこの一株のみ
こんなに柔らかく繊細な実生が100メートル近くに成長するとはとても信じがたい。
【2010/07/11 22:20 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |