FC2ブログ
ヤシおりおり vol.121 発芽に要する期間 ver.2010.01
正月は無人島にて漂流しまくってました。
lostieといわれるひとが続出するのもうなずけるほどの中毒性あり
なんのこっちゃという人は、"LOST"でググッてください。
さあて、本年第1発のヤシおりおりはヤシの紹介でなく発芽の記録
毎度断りますが、厳密な計測でなく、たまたま1/2に袋を開けて白いものが見えた種類を列挙しています。
本当の意味での発芽したタイミングは、1/2より前になります。
onebythreeblog_20100103_2.jpg
シュロの新種Trachycarpus geminisectusはすぐに発芽するかと思いきや、随分時間がかかりました。
耐寒ヤシで個人的に期待していたTrithrinax brasiliensisですが、こちらも時間がかかります。しかも発芽率悪そうです。
標高3000メートル級の高山ヤシCeroxylon ventricosumがここにきて発芽ラッシュ
ちょっと嬉しいです。
Cyrtosperma merkusiiはやしではなくサトイモ科
Chambeyroniaなど熱帯性のヤシは概ね2ヶ月程度で発芽することがわかります。
Sabal属やLivistona属は温帯のヤシの割には時間がかからずに発芽する優等生
1年を超えての発芽というのは今回は確認できませんでした。
スポンサーサイト



【2010/01/03 22:33 】 | ヤシおりおり | コメント(4) | トラックバック(0)
ヤシおりおり目次.pdf
ヤシおりおり第1回目の
ヤシおりおり vol.1 Trachycarpus martianus
から、
昨年大晦日の
ヤシおりおり vol.120 衝撃度ナンバー1 シルバージョーイ
までの目次をつくりました。
画像が荒くてすいません。
onebythreeblog_20100103_1.jpg
鮮明なものはpdf形式で配布しますので、こちらのリンクからもっていってください。
ヤシおりおり目次.pdf
【2010/01/03 15:01 】 | ヤシおりおり | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |