FC2ブログ
東南アジアのヤシ
国立情報学研究所がCiNiiというデータベースをつくっています。
古い論文をデータ化しているんですね。
そこでこんなもの見つけました。
東南アジアのヤシ
佐藤 孝Sato Takashi
兵庫農科大学
1967年のもので相当古くて、表現方法にはちょっと違和感があるものがありますが、内容は充実してます。
著者はインドネシアでフィールドワークをされていたようで、現地に根ざしたさまざまなヤシの利用法がわかりやすいです。
http://ci.nii.ac.jp/naid/110000201615/ja
未読の方は是非
スポンサーサイト



【2009/12/14 23:18 】 | ヤシソテツ図書館 | コメント(0) | トラックバック(0)
カンボジアの山奥で幻の**(チョメチョメ)を見た!中編
カンボジアの山奥で幻の**(チョメチョメ)を見た!前編
を書いたのが今年の3月
すっかり放置して放置したことも忘れていたが思い出したのでつづきをば
まあそんなわけでとんでもスコールに見舞われ、舗装されていない彼の国の道路はすぐにぬかるみ
こうなるとわれわれのチャーターしたどうみても10年以上は経っているボロボロのモトサイはぬかるみに足を取られて、客車を引っ張る馬力なし
ぬかるみが無くなる場所まで降りてくれというカナシー結果になりました。
トボトボあるいているのがあっし
先を走っているリキシャが我々のチャーター
onebythreeblog_200911214_01.jpg
いろいろあったが目的地の山の麓に到着
雨が降ったり止んだりだったので、麓で雨宿り
雨が弱まったのを見計らって登頂開始
onebythreeblog_200911214_02.jpg
道すがらさまざまな植物が楽しめます。
芋系がたくさんあります。
onebythreeblog_200911214_03.jpg
これはショウガの仲間かな
onebythreeblog_200911214_04.jpg
小さなサトイモの仲間
onebythreeblog_200911214_05.jpg
あちこち眺めながら30分も行くと目的地が見えてきたぞ。
これがなんだかわかるかな?
onebythreeblog_200911214_06.jpg
これが目的地のリンガです。
ヒンドゥー教のシヴァ神のことです。
これが河床に掘られているんです。
かなり珍妙ですよ。
onebythreeblog_200911214_07.jpg
これを見るのはカリの目的であって、**(チョメチョメ)のことは次回
次回はまた半年後かなあ・・・
ほなさいなら
【2009/12/14 23:05 】 | ヤシソテツ紀行 | コメント(2) | トラックバック(0)
ヤシおりおり vol.111 似ているけど違う レッドネックパーム
今日は寒かったー
今週は最低気温も一桁突入だそうでいよいよ厳冬期到来
園芸は4月までお休みです。
園芸どころか寒いんでせっかくの土日も家でじっとしてました。
不活性だな、不健康だな
こんな季節だから暖かいフィットネスにでも行って、下腹の贅肉をそぎ落とそうかしらん
さあて本日のヤシ
ヤシおりおり vol.104 毛むくじゃらテディー・ベア・パーム
で紹介したDypsis leptocheilosの近縁種
通称レッドネックパーム
onebythreeblog_200911213_01.jpg
また、Dypsis leptocheilosと同じく、テディー・ベア・パームとも呼ばれているみたいです。
学名は、
Dypsis lastelliana (Baill.) Beentje & J.Dransf., Palms Madagascar: 175 (1995).
マダガスカルの北西部と北東部の標高の低い湿潤な山間部、熱帯雨林に自生しています。
種小名は本種を最初に採集したラステッレ氏にちなみます。
単幹のヤシで自生環境での最大高は65feetですが、栽培環境化での多くの固体はその半分程度
Dypsis leptocheilos同様に、茶色~ワインレッドの葉鞘、幹が特徴的です。
onebythreeblog_200911213_02.jpg
紹介している画像の固体はなんとただでさえ珍しいlastellianaの斑入り種
見かけたのはタイの高級園芸店
こんなものが売ってるとはやはりタイは只者ではないですたい。
onebythreeblog_200911213_03.jpg
この園芸店の画像はまだ紹介してなかったので、冬の園芸休業時期にぼちぼち紹介しましょうかね。
ではおやすみなさい


参考文献

An Encyclopedia of Cultivated Palms
Palms Throughout the World
【2009/12/14 00:04 】 | ヤシおりおり | コメント(4) | トラックバック(0)
| ホーム |