スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
様式美とヘアーメタルの核融合 DIO
ブラックサバス、レインボーといったロックの殿堂バンドで異常なほどかっこいい声をもつおじさん
それが、ロニー・ジェイムズ・ディオさん
メタルシンガー=彼という図式もあながちオーバーではないっしょ
そんな伝統と格式の彼が現代的なHMを具現化したのが本日紹介のその名もDIO
正直、あんましクラシカルな英国の様式美ロックは好かんのですが、LAメタルのフレーバーを振りかけたところが味噌と勝手におもっちょります。
最高においしく仕上がってます。
もっともお気に入りはこれだ
Dio - Caught in the Middle

これも必殺!
Dio - Rock n' r children/long live rock n roll live japan 85
ギターがヴィヴィアン・キャンベルだよ~

LAメタルの人工的な演出とかすかな哀愁がたまらん
Dio - Don't talk to strangers [live in Japan '85]
オジー、ドッケンはてはラウドネスと5弦開放とコードのカッティングを組み合わせたリフが当時流行った典型的な感じだねえ。
美しかー
ギターソロが完璧
コンパクトでテクニカルでいうことなし

顔は田中真紀子みたいでいまいちブーだが、彼のボイスは奇跡だな。
軽々歌っているのが鳥肌もんだ。
スポンサーサイト
【2009/09/30 23:45 】 | 雑記/音楽 | コメント(2) | トラックバック(0)
Heliconia stricta cv.'Dwarf Jamaican'
富福園のjupiterさんに頂いた、ヘリコニアの矮性品種
ドワーフ・ジャマイカン元気一杯です。
かなり株立ちする性格みたいです。
耐寒性はないみたいなので11月になったらとりこまなくちゃ
来年の開花に期待
onebythreeblog_20090930_02.jpg
【2009/09/30 23:24 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
Heliconia dielsiana
南米高地産のヘリコニア
種子から育ててここまで大きくなりました。
高地産だけあって、かなり耐寒性あるみたいです。
Hardiness zones 9-11
偽茎や葉裏にワックスというか白い粉を吹きます。
あまり株立ちしない性格みたいですが、今年二芽新たに出てきました。
onebythreeblog_20090930_01.jpg
【2009/09/30 23:16 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(2) | トラックバック(0)
ヤシおりおり vol.95 ブルー葉のソンブレロ・パーム
先日紹介したブルー・ヘスパー・パームの仲間で形態的にも似通っているのが本日紹介するソンブレロ・パーム
Brahea dulcis (Kunth) Mart., Hist. Nat. Palm. 3: 244 (1838). 'Blue'
ブルー・ヘスパー・パームは青白い葉が特徴的でしたが、ソンブレロ・パームは深い緑色の葉
でも画像の苗は、ソンブレロ・パームのなかでもブルーの葉を持つ個体らしい。
幼苗の今の段階では差異が確認できませんが、気長に待ちましょう。
onebythreeblog_20090926_06.jpg
メキシコ東部、北部~メキシコ南部、グアテマラ、ベリーズ、エル・サルバドルやホンジュラスの山間部までに分布します。
通常単幹ですが極稀に株立ちします。
雌雄同株の掌状ヤシ
耐寒性ばっちりzone9-11


参考文献

An Encyclopedia of Cultivated Palms
Palms Throughout the World
【2009/09/26 23:56 】 | ヤシおりおり | コメント(5) | トラックバック(0)
多肉の秋
正直に告白すると数年前までサボテンと多肉植物は暑い夏に成長するもんだと疑わなかったんです。
成長期は春と秋で夏の盛りは休眠しているという事実に目からウロコがポロポロと
てなわけで、我が家の多肉コーナーも秋になって元気一杯です。
onebythreeblog_20090926_04.jpg
【2009/09/26 23:19 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
Veltheimia bracteata
ベルセミア・ブラクテアータ
これもまぁ~さんに頂いた種子からの栽培
onebythreeblog_20090926_05.jpg
南アフリカ産のユリ科の球根植物
花が綺麗です。
3年後の開花を目指します!
【2009/09/26 23:13 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(6) | トラックバック(0)
Araucaria araucana
チリ~アルゼンチン原産の針葉樹
常緑の高木で、成長すると 40メートルに達し、幹の直径は2メートル
寿命極めて長く、生きた化石とばれます。
和名:ヨロイスギ、チリマツ
英名:Monkey-puzzle
下葉、下枝が脱落するため、キノコ状の樹冠を形成し、異形の姿を呈します。
強い耐寒性があり、マイナス20度に耐えますので、日本ではどこでも栽培できそうです。
onebythreeblog_20090926_03.jpg

【2009/09/26 23:09 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(3) | トラックバック(0)
Zamia furfuracea 変化葉か?
フルフラセアの実生のなかで小葉の先がくびれているのがあったのでサルベージ
おそらくこの特徴は継続しないと思いますが、もし固定したらラッキーかも
onebythreeblog_20090926_02.jpg
【2009/09/26 23:08 】 | ソテツおりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
Zamia picta
中米の熱帯雨林に自生する小型のソテツ
ご覧の通り葉に斑が入ります。
これは斑が薄いタイプですね。
派手な固体はこんなもんじゃありません。
onebythreeblog_20090926_01.jpg
成長遅めですが、3年くらいたつとかなり大きな葉を出し始めるみたいです。
【2009/09/26 23:06 】 | ソテツおりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
トンボとタイガー
空気が透明になってきた
秋の気配というやつですな。
夏に盛っていたカンナのベンガルタイガーが、去り行く夏を惜しんでもう一花咲かせてくれるみたいです。
onebythreeblog_20090925_05.jpg
トンボも見学にやってきたようです。
onebythreeblog_20090925_04.jpg
【2009/09/26 00:51 】 | 熱帯庭園化計画 | コメント(0) | トラックバック(0)
腑抜けのZamia furfuracea
以前にも紹介したかもしれない斑入りのザミア
onebythreeblog_20090925_07.jpg
最初の葉はこんなにビビッドだったのに、すっかり腑抜けならぬ斑抜けに・・・
onebythreeblog_20090925_06.jpg

人生楽ありゃ苦もあるさあね
【2009/09/26 00:48 】 | ソテツおりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
Doryanthes palmeri
まぁ~さんより頂いたドリアンテスの種子
元気に育って現在このサイズ
onebythreeblog_20090925_02.jpg
来春には一株ずつ独立させて植え替えてやらなくちゃ、窮屈そうです。
【2009/09/26 00:32 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
えせ黄金ソテツ Encephalartos ituriensis
Encephalartos ituriensis
コンゴの熱帯雨林産
大型で成長すると6メートル
onebythreeblog_20090925_03.jpg
全く遮光せず、ガンガン日に当てて育ててるので、こんがり葉が焼けてまっ黄色になってます。
ある意味、黄金ソテツだ! 笑
【2009/09/26 00:29 】 | ソテツおりおり | コメント(2) | トラックバック(0)
ヤシおりおり vol.94 深紅のヤシ アマーゴ・パーム
学名:Welfia regia H.Wendl., Gard. Chron. 1869: 1236 (1869).
分類:ヤシ科コンガヤシ属
一般名:Amargo palm
原産地:南米、ホンジュラス、ニカラグア、コスタリカ、パナマなどの高地の熱帯雨林
雌雄同株、高さ20メートル、羽状葉
本種の特徴は、画像のとおり、新葉が深紅なところにあります。
onebythreeblog_20090925_01.jpg
程なく褪色して緑になります。
今年久しぶりに蒔いて順調に発芽したんですが、その後伸び悩んでたんですが、ここに来てようやく深紅の葉を出してきました。
エレガントです。


参考文献

An Encyclopedia of Cultivated Palms
Palms Throughout the World
【2009/09/26 00:20 】 | ヤシおりおり | コメント(2) | トラックバック(0)
越冬革命
を起こそうと画策中
うちには作業場といいますか納屋があるんですが、ご覧の通り天井が鉄の波板なんですな。
光を透過しないので、一日中うすぐらくていやなかんじ
onebythreeblog_20090921_14.jpg
この鉄板をポリカーボネートの波板に葺き替えようという革命
こことここね
onebythreeblog_20090921_15.jpg
いままでも、このスペースで半耐寒性のヤシソテツを越冬させてたんですが、いままでの倍くらいに増えちゃったので、それにみあった越冬スペースを確保せねばなりません。
光がさすことで、温室としての役割をはたしてくれれば、いままで以上に元気に越冬してくれると思われる。
この革命が成就した暁には越冬新時代の夜明けが到来することであろう。
ちゃんちゃん
【2009/09/25 23:56 】 | 熱帯庭園化計画 | コメント(4) | トラックバック(0)
トラフバショウ
Musa acuminata ssp. Sumatrana
なかなか素敵な模様葉
ゼブリナなんかと違って、実生でもしっかりした斑がでます。
onebythreeblog_20090923_05.jpg
【2009/09/23 11:08 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(2) | トラックバック(0)
間に合わなかった。
地植えしたかったが無理だった。
冬越しどうしよう・・・
onebythreeblog_20090923_04.jpg
【2009/09/23 11:06 】 | 熱帯庭園化計画 | コメント(0) | トラックバック(0)
Sequoia sempervirens (Coast Redwood)
北米西部の山地に自生する常緑針葉樹
世界最高の樹木として知られており、成長するとなんとなんと100メートルを越します!
世界最高の標本はアメリカのセコイア国立公園にあり、なんと115メートルを越します。
樹皮にタンニンが豊富に含まれているため、赤くレッドウッドと呼ばれたりもします。
発芽しましたよん。
onebythreeblog_20090923_03.jpg
【2009/09/23 11:05 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
Cycas ophiolitica
オーストラリアの北部
ユーカリ林の林床、貧栄養土壌でそだつブルー葉ソテツ
onebythreeblog_20090923_01.jpg
【2009/09/23 10:58 】 | ソテツおりおり | コメント(2) | トラックバック(0)
Quararibea obliquifolia
南米の果樹
パンヤ科
といういじょうの情報無いためどんなものかよーわかりません。
onebythreeblog_20090923_02.jpg
【2009/09/23 10:51 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
ヤシおりおり vol.93 白いヤシ テキサス・パルメット
Sabal mexicana Mart., Hist. Nat. Palm. 3: 246 (1838).
自生地では15メートルに達すほどの大型のサバル
アメリカ、テキサス州の最南東部のブラウンスヴィル地域~メキシコ、グアテマラ、ホンジュラス、エル・サルバドルの乾燥地帯にかけて広く自生する掌状ヤシ
サバル・パルメットと多くの共通点をもち、耐寒性にも優れます。
屋外越冬も可能でしょう。
葉はご覧のとおりのシルバーブルー
成長も早くて良いヤシです。
onebythreeblog_20090922_02.jpg


参考文献

An Encyclopedia of Cultivated Palms
Palms Throughout the World
【2009/09/23 00:55 】 | ヤシおりおり | コメント(4) | トラックバック(0)
ヤシおりおり vol.92 白いヤシ ブルー・ヘスパー・パーム
Brahea armata S.Watson, Proc. Amer. Acad. Arts 11: 146 (1876).
名前の通りシルバーブルーのヤシ
バハ・カリフォルニア、ソノラ砂漠に自生する砂漠のヤシ
よって耐寒性も耐乾性もばっちり
屋外無問題でしょう。
ただし成長は激オソ、大きな株は一桁違う値段でごくごく稀に流通しますが、まあ手を出せましぇんな
onebythreeblog_20090922_03.jpg


参考文献

An Encyclopedia of Cultivated Palms
Palms Throughout the World
【2009/09/23 00:34 】 | ヤシおりおり | コメント(2) | トラックバック(0)
今日のヤシ畑
ヤシの成長の遅さに泣けてくる画像
実生2年近くたっているものもいるのに、羽状葉がでているのがわずか
Dypsis leptocheilosと一部のChamaedoreaのみ!
用土の選択と、水遣りの失敗というきもしますが・・・
どうしても水をやりすぎで、常に用土が湿っぽく、ゼニゴケまで生えてます・・・反省
onebythreeblog_20090922_05.jpg
【2009/09/23 00:21 】 | 雑記/日記 | コメント(4) | トラックバック(0)
Dionn rzedowskii
褪めたグリーン色の葉を持つ中型のディオーン
メキシコのオアハカ州産
onebythreeblog_20090922_01.jpg
【2009/09/23 00:16 】 | ソテツおりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
Heliconia latispatha 'Red-Yellow'
やたらと吸い芽を出しまくるヘリコニアであった。
でも時期が悪いなあ
来週まで維持できたら株分けしよっと
onebythreeblog_20090922_04.jpg
【2009/09/23 00:13 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
Macrozamia secunda
今まで買った種子の中で最も高いかもしれない種子を思わず買っちまった。
発芽率100%を1%でも切ったら憤死しそうです。
オーストラリアのソテツのなかでもっとも南方、温帯域のマクロザミアですので耐寒性もばっちり備わっているでしょう。
このど高い種子をいつ蒔くかが悩みの種
マクロザミアは蒔いてもすぐにはつがしないから半年寝かせるか
onebythreeblog_20090921_12.jpg
【2009/09/21 23:37 】 | ソテツおりおり | コメント(6) | トラックバック(0)
ニホンサクラソウ
雑草じゃないよ
庭の一部を防草シートで覆ったときに、底で咲いていたサクラソウをサルベージした
鉢に拾い上げたんですが、なかなか元気にそだっとる
来春の開花は間違いなしでしょ
onebythreeblog_20090921_13.jpg
【2009/09/21 23:06 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(2) | トラックバック(0)
Cycas couttsiana
オーストリア北部のソテツ
自生地は暑く乾いた環境のようです。
湿度の高い環境を嫌うようなので、水遣りは辛めに
onebythreeblog_20090921_10.jpg
20粒くらい蒔いていまのところ葉が地上に出ているのは一株のみ
その他の株も発根しているのは間違いないんだけれど・・・
【2009/09/21 22:53 】 | ソテツおりおり | コメント(4) | トラックバック(0)
Acacia dealbata
実生6年目を迎えたシルバーワトルに花芽がついた。
のは初夏のことと思うがまだまだ咲きそうに無い。
このまま冬を越して春に開花するのかな?
アカシアを開花させるのは初めてだからなにやら興奮しちゃうなあ
onebythreeblog_20090921_09.jpg
【2009/09/21 22:37 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(2) | トラックバック(0)
Sarcocaulon l'heritieri
まぁーさんからいただいた毛針
onebythreeblog_20090921_06.jpg
土の上においておいたら、葉が出てきました!
onebythreeblog_20090921_08.jpg
はてさてどんな植物なのか楽しみです。
【2009/09/21 22:30 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(1) | トラックバック(0)
| ホーム | 次ページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。