FC2ブログ
カンボジアの山奥で幻の**(チョメチョメ)を見た!前編
川口某探検隊の如く、盛り上がっていきましょう。
今を去ること数ヶ月
2008/9/1に我々は”それ”を発見した。
何の前触れもなく、世紀の発見について克明にリポートしたい。
婦女子には耐えられない表現も多々あると思われるので、心臓の悪い人はみちゃいや
物語の舞台は柬埔寨
時は平成
旅は3輪車上から始まる。
onebythreeblog_20090309_03.jpg
南国である柬埔寨国でそれほど快適とはいいがたいバカンスを満喫していたわれわれは、さらなる知的好奇心を満足させるべく危険な冒険に旅立つことを決意した。
当日の朝、惰眠をむさぼるわれわれの元に、3輪車のあんちゃんが現れれ一言
"Boys Be Ambitious"
そういわれたら引くに引けず、前日までの高揚感とは裏腹に、めんどくさいよー、いやだいやだ、眠い眠いと駄々をこねつつ一念発起して眠りの淵から引き返し、冒険は始まったわけだ。
ちなみに朝ごはんは目玉焼きとベーコンである。
埃っぽい遺跡の街に相応しくない、遺跡バブルにより整備された舗装路を爆走するわれわれに、かの国の婦女子は羨望のまなざしを向けつつ黄色い声で叫びながら手を振るのであった。
onebythreeblog_20090309_04.jpg
かの国は長引いた内戦の影を引きずり、まだまだ戦後復興の様子を呈している。
まだまだバラック住まいが普通に顕在される。
onebythreeblog_20090309_05.jpg
危険な冒険を前に、ちゃっかり遺跡見学をしちゃう、ちゃっかりはちべいな我々である。
onebythreeblog_20090309_06.jpg
遺跡地区を離れ、柬埔寨国の原風景ともいえる水田地帯に突入
子どもたちがピチピチしてますなあ。
人生の憂い、滓といった汚らわしいものとは一切無縁な気がするの
onebythreeblog_20090309_07.jpg
程なく舗装路は終わりダートが始まった
われわれの最新鋭だったのが20年位前だと思われる、ちょーボロい3リンシャで目的地までいけるのかいな
目的地に到着するはるか以前に、モチベーションは急落
もー早く帰りたいっす。
onebythreeblog_20090309_08.jpg
悪いことに熱帯特有の激しいスコールまで降ってきちゃったりして、道がぐっちょんぐっちょんに。
でも我々の3リンシャは全天候型のようで、二台をビニールの幌で前面囲ってくれたので、なかの搭乗者は案外快適なのよね~
onebythreeblog_20090309_09.jpg
ルンルン気分で次回に続く・・・
スポンサーサイト



【2009/03/09 22:49 】 | ヤシソテツ紀行 | コメント(4) | トラックバック(0)
ヤシおりおり vol.75 大長編パルミラヤシ 栽培編
とりあえず勢いで書いちゃいますが、実は栽培経験ほとんどないんです。
onebythreeblog_20090302_13.jpg
一度だけ、タイから種を仕入れて蒔いたことがありました。
ヤシおりおり vol.73 大長編パルミラヤシ 果実編
では、未熟な画像を載せましたが、今回は完熟した種子の画像です。
077.jpg
タバコの箱より大きいです。
厚みも結構あって、イメージ的には3,4枚重ねたマンゴーの種くらいの大きさと厚みです。
パルミラヤシは熱帯のヤシで、耐寒性は備えてません。
発芽後、根と子葉を包む子葉鞘が地中深くまで潜った後に、根と子葉を展開するため、ストレスなく発根させ、本葉を出すには相当深い鉢が必要とのご意見をうおれすさんより頂きました。
onebythreeblog_20090302_08.jpg
以前栽培したとき、発芽後いっこうに葉がでず、結局根ぐされしたことを思い出しました。
土管のように深い鉢と、年中をとしての高温(15度もあれば十分でしょう)が上手な栽培の指標となりそうです。
情報もつ方、更なるアドバイスをお願いいたします。


参考文献

An Encyclopedia of Cultivated Palms
Palms Throughout the World
【2009/03/09 22:48 】 | ヤシおりおり | コメント(2) | トラックバック(0)
はぁー
いろいろ考えるのがめんどーだ
現実逃避がしタイ
onebythreeblog_20090309_01.jpg
タイにでもいきたいの~
燃料代も随分下がったみたいだし
onebythreeblog_20090309_02.jpg
【2009/03/09 22:39 】 | 雑記/日記 | コメント(1) | トラックバック(0)
| ホーム |