FC2ブログ
ヤシおりおり vol.33 ムックみたいなヤシ キューバ・ペティコート・パーム
キューバ・ペティコート・パームを知っていますか?
これまでいくつかのヤシを見た中で最もぶっ飛んだヤシの一つです。
Copernicia macroglossa H.Wendl. ex Becc., Webbia 2: 177 (1907).
キューバ北西部のサバンナに自生するこのやしはタイトルどおり、古葉が脱落せず、幹に残るためガチャピンムック、あるいは蓑虫のような姿になります。
英名のペティコート・パームは幹に固着するスカート上の枯れ葉をペティコートに見立てました。
成株の幹高は15feet、直径8inch
onebythreeblog_20081201_05.jpg
画像の固体は残念ながら自生地ではなく、タイで見たもので、まだまだ青年期で古葉もきれいにトリミングされているので、特徴的な姿とは遠いですが、それでも凄い迫力を持っています。
結実していました。
onebythreeblog_20081201_07.jpg
世界のヤシマニアのマストアイテムで、僕も種を蒔いたこともありますが、発芽率はそれなりに良好なんですが、成長が異常に遅いです。
また、発芽した手の苗は非常にデリケートで葉も糸楊枝のようで扱いに苦慮します。
てなわけで、憧れのヤシではありますが、なかなか手が出せない雲の上のヤシでもあります。
ちなみに蓑虫状で暖かそうなのですが、耐寒性はあまりなく本州での冬季の屋外越冬は不可能だと思われます。
onebythreeblog_20081201_06.jpg
スポンサーサイト



【2008/12/01 22:21 】 | ヤシおりおり | コメント(4) | トラックバック(0)
| ホーム |