FC2ブログ
世界一!熱帯植物の植木市 その11
昨日の続きだワン
タイのヤシ屋さんの紹介
タイの気候ならば、成長もすこぶる良いでしょうから、もうすこししっかりした苗を売っていても不思議じゃないんですが、結構、幼苗が多く売ってます。
辛抱強いとはいいがたい(偏見?)彼の地のひとが、こんなベイビー苗を買って満足できるのかなあとちょっと不思議
というより、成長が良いから、発芽苗でもバンバン売れるのかしら。
こうやって眺めていると、流行のヤシの傾向がうっすら見えてきます。
これは、ヤシマニアで知らぬもののない、人気者
タケウマキリンヤシ
onebythreeblog_20080624_01.jpg

お次は、マニラヤシのゴールデンフォーム
onebythreeblog_20080624_02.jpg

ロウヤシのsp.
onebythreeblog_20080624_03.jpg

こいつもコペルニキア
なぜか、コペルニキアが大人気のようで、これだけでなく、たくさんの種類があります。
onebythreeblog_20080624_04.jpg

これは、日本でも人気の高いマザリパーム
ヤシの中では、白さナンバーワンかなあ。
onebythreeblog_20080624_05.jpg

これもコペルニキアのホスピタ
onebythreeblog_20080624_06.jpg

この大きな苗はケリオドクサ・エレガンス
ようやく、タイ原産のヤシの登場です。
このヤシは、最高に好きです。
onebythreeblog_20080624_07.jpg

タイ原産のヤシの第2弾
とてつもないウチワ葉を展開する驚異のヤシ
リクアラ・ペルタタのver.スマウォンギ
onebythreeblog_20080624_08.jpg

これは以前にも紹介した、巨大ヤシ
Borassodendron machadonis
onebythreeblog_20080624_09.jpg

最後も、コペルニキアの一種
onebythreeblog_20080624_10.jpg

とにかく、印象に残るのが、コペルニキアの種類の豊富さ
元来、キューバやカリブ海沿岸諸国が原産のコペルニキアが何故タイにて、ブレークしているのか??
謎は深まるばかりです。
それと、全体的に耐寒ヤシの比率が高いのも不思議な気がします。
ってことは、やはり欧米を相手に商売しているということかしらん
スポンサーサイト



【2008/06/24 23:23 】 | ヤシソテツ紀行 | コメント(16) | トラックバック(0)
| ホーム |