FC2ブログ
ヤシおりおり vol.10 ブルー葉のテーブルヤシ
今日は出欠大サービス
先ほど紹介した、Chamaedorea plumosa同様メキシコ・チアパス州のヤシを連続投稿だ。
Chamaedorea glaucifolia
onebythreeblog_20080526_02.jpg

標高1600~3200feetの石灰岩地帯に生えているようです。
onebythreeblog_20080526_03.jpg

種小名は
glaucous=白い粉で覆われた
ということからわかるように、枝葉が白い粉が吹いて、シルバーあるいはブルー葉のようになります。
スポンサーサイト



【2008/05/26 23:48 】 | ヤシおりおり | コメント(6) | トラックバック(0)
ヤシおりおり vol.9 テーブルヤシなんて・・なんて言わないで
いやー予想通り、一日一ヤシの野望は叶いませんでしたが、マイペースでボチボチ紹介してきます。
さて、本日紹介するのは、テーブルヤシの仲間
テーブルヤシというと、世界で最も普及している観葉植物としてのヤシの一つで、面白みがありません。
でも、こいつはちょっと違うよ
Chamaedorea plumosa
onebythreeblog_20080526_01.jpg

和名、英名、通称名などありません。
正確にチャマエドレア・プルモサと呼びましょう!
そんな味気ない、とっつきにくいヤシなんですがこれはなかなか素敵なヤシです。
何が素敵かというと、フワフワの羽状葉!
メキシコのチアパス州、標高2000~4000フィートという山岳地帯に自生してます。
onebythreeblog_20080526_03.jpg

自生地からして、かなりの耐寒性があるという記述がある一方、耐寒性がないという記述もあり、混乱しますが、栽培した印象では、耐寒性は相当ありそうです。
無加温温室で十分越冬できます。
種小名の意味は、plumose=羽毛状{うもう じょう}の
ということからわかるように、フワフワ繊細な羽状葉です。
【2008/05/26 23:24 】 | ヤシおりおり | コメント(4) | トラックバック(0)
| ホーム |