大型連休の庭
onebythreeblog_20080429_06.jpg

大型でもなんでもない連休ですが、今日は暦どおり休みで、久しぶりに庭を熱帯化するべく暗躍しました。
でもその前に、かわいらしく相棒のために花壇なんていうものを作りましたぞい。
草花のことはよくわからないのですが、宿根草をいくつか植えてみました。
万年青やらアブチロンなんかが植わっていた場所を掘り返して、牛糞を敷いて、腐葉土を漉きこんでと結構大変
植えたあとに腐葉土でマルチングしました。
onebythreeblog_20080429_05.jpg

でもって熱帯庭園化ですが、まずは見切りで買ってきた
Cordyline australis 'Sundance' とおもわれるブツを植えて、
onebythreeblog_20080429_07.jpg

キムシンさんから頂いた、ストレリチア2種類を並べて植えました。
奥の大きいのがS.nicolaiで手前小さいのが、S.reginae
onebythreeblog_20080429_09.jpg

これは、以前に植えたカンナの"ビューオレンジ"という赤葉の品種
鉢で屋外越冬可能ということを確認済み
onebythreeblog_20080429_08.jpg

これはかなりセコイんですが、サトイモ
onebythreeblog_20080429_10.jpg

これも別の場所に植えてあった屋外路地越冬のベルチナバナナ
onebythreeblog_20080429_11.jpg

最後は、多少のリスクを惜しまず、掌状ヤシCoccothrinax barbadensisを地植えに
onebythreeblog_20080429_12.jpg

熱帯庭園演出の肝はカラーリーフとでか葉の観葉植物と見つけたり。
【2008/04/29 22:17 】 | 熱帯庭園化計画 | コメント(19) | トラックバック(0)
バナナは強い
突然ですが、我が家のバナナ紹介
チユウキンレン(地湧金蓮)
発芽困難種で、発芽にはちょいとしたコツが。
onebythreeblog_20080429_01.jpg

こんなに、小さいのに屋外無保護で越冬済み
すんごい耐寒性だ。
ちなみに花はこんなにすばらしいのです。
onebythreeblog_20080429_04.jpg

次に、ちょっと大きめバナナコレクション
100%片思い、ならぬ100%実生っこです。
ゼブリナ、へレンズハイブリッド、レッドタイガー、Musa aurantiacaなど
梅雨に入ったら庭に植えてあげましょう。
onebythreeblog_20080429_02.jpg

最後は、まだまだチビ実生
Musa nagensiumなどなど
onebythreeblog_20080429_03.jpg

バナナに興味を持ったら、まずはウィキで。
【2008/04/29 21:31 】 | ヤシソテツ以外おりおり | コメント(10) | トラックバック(0)
東京農大の温室「BIORIUM」に行ってきたっぺ 最終回
実は、この日ブログ仲間のキムシンさんと温室で集合
ストレリチアを頂く手はずだったんですが、集合場所を間違えて、紆余曲折
なんとか、お会いできたときは温室閉館ギリギリの時間
駆け足で巡りました。
キムシンさん当日はお世話になりました。
めでたく、ストレリチアを3種!ゲットしました。
S.reginae
S.juncea
S.nicolai
全て、地植えする予定です。
その画像は明日にでもアップします。

さて、最終回は、やっぱりヤシでしょう。
とはいえ、この温室にはヤシが少ないんですよね。
もっともでかいのが、サンカクヤシ
onebythreeblog_20080428_15.jpg

もう一種、かなりレア度の高いマダガスカル固有種のディプシスがいます。
Dypsis pinnatifronsあたりでしょうか。
かなりいいです。
実は、マダガスカルはヤシの宝庫で、固有のヤシが五万といるんです。
数種類を実生してますので、おいおい紹介できればと思います。
onebythreeblog_20080428_16.jpg

最後はおまけ画像
シャンプーの木Uncarina grandidieri
onebythreeblog_20080428_14.jpg

【2008/04/28 23:31 】 | ヤシソテツ紀行 | コメント(2) | トラックバック(0)
東京農大の温室「BIORIUM」に行ってきたっぺ 第3回
先ほど、紹介した悪魔の書『マダガスカル異端植物紀行』に掲載された植物はかなりの部分、この植物園に展示されています。
たとえば、ジグザグの木なんかもあります。
onebythreeblog_20080428_07.jpg

挿木が容易で、耐寒性もそこそこあるので育てやすいですが、成長が遅いです。
その他、マダガスカルといえば、トックリ樹形の樹木が多いのですが、そういった特異な樹木もたくさん展示されていて面白いです。
ワサビノキとして知られる、モリンガの仲間です。
Moringa drouhardii Jumelle
onebythreeblog_20080428_10.jpg

次もトックリ状、ザー・バオバブ
onebythreeblog_20080428_12.jpg

マダガスカルといえば多肉ファンにおなじみのパキポディウムもたくさんあります。
Pachypodium meridionale
onebythreeblog_20080428_11.jpg

次は、湿地性のサトイモ、その名もマダガスカルクワズイモ
Typhonodorum lindleyanum
onebythreeblog_20080428_13.jpg

チョロさんあたり持っていそうです。
【2008/04/28 22:49 】 | ヤシソテツ紀行 | コメント(6) | トラックバック(0)
悪魔の書 「マダガスカル異端植物紀行」

マダガスカルネタの途中で、さらに拍車をかけるべく、悪魔の書を紹介しましょ
僕が植物にのめりこんでしまったきっかけとなった、すばらしい本です。
著者である進化植物研究所の湯浅博士は、朝日新聞のコラム「花おりおり」でも超有名ですね。
マダガスカル研究の第一人者で、バオバブ研究で一般にも名が浸透しています。
それはともかく、本書は凄いです。
思い起こせば数年前、パキラの一枝から始まった植物熱がこの本によって、爆発しました。
ジグザクノキ、サンカクヤシ、カナボウノキ、バオバブ、キフォステンマ・・・etc
聞きなれない植物ばかり、どれもこれも異形の植物で、ページを繰るたびに感嘆したことを思い出します。
残念ながら、本書も絶版のようですが、図書館などで見かけたら是非一読を!
園芸の深みにはまってしまって抜け出せなくなるかもしれない悪魔の書なので、要注意です。
【2008/04/28 22:36 】 | ヤシソテツ図書館 | コメント(6) | トラックバック(0)
東京農大の温室「BIORIUM」に行ってきたっぺ 第2回
といいながら、その他の植物も結構あります。
ソテツも形の良いのが数種類いますよ。
みんな大好きEncephalartos trispinosus
onebythreeblog_20080428_06.jpg

ウンチじゃなくて、ムンチ
Encephalartos munchii
onebythreeblog_20080428_08.jpg

もちろん唯一のマダガスカル固有種、Cycas thouarsiiもいます。
が写真撮りわすれたのでした。
ここは、植物だけでなく、マダガスカルの動物もいますよ。
代表的なのは、キツネザル
もっともメジャーなワオのほかにもいろいろいます。
onebythreeblog_20080428_09.jpg

客寄せパンダ状態のフトアゴヒゲトカゲ
オースロラリアのトカゲだそうです。
食事中です。コオロギを
onebythreeblog_20080428_05.jpg

さらに有名なのが、拉致されて全国的なニュースにもなった放射ガメ
残念ながら展示はナシでした。
【2008/04/28 22:12 】 | ヤシソテツ紀行 | コメント(0) | トラックバック(0)
東京農大の温室「BIORIUM」に行ってきたっぺ 第1回
onebythreeblog_20080428_04.jpg

4月26日に小雨降るなか、東京農大の付属?研究機関である、(財)進化生物学研究所の温室、バイオリウムにいってきたよ。
ここは知る人は知る知らない人全く知らない、マニアック温室です。
onebythreeblog_20080428_03.jpg

なぜマニアックかというと、上記画像が象徴してますよ。
何の木かわかるかな?そう、バオバブです。
結構太いです。
Adansonia zaという、マダガスカルの固有種です。
次の画像は、Uncarina leandrii
これもマダガスカル固有種
onebythreeblog_20080428_01.jpg

次の異形の植物は、Cyphostemma laza
もちろんマダガスカル固有種です。
onebythreeblog_20080428_02.jpg

ここまでくれば、わかりますかね。
そう、マダガスカル固有植物を中心に集めて展示する、特異な温室なのです。
【2008/04/28 21:52 】 | ヤシソテツ紀行 | コメント(2) | トラックバック(0)
おもしろいサイトを発見したのさ
そのサイトの名は
Plants of Disneyland
onebythreeblog_20080422_01.jpg

どんなサイトかはタイトルを見れば一目瞭然なんですが、米国ディズニーランドの植栽をこと細やかに紹介していて、さらにお小遣い稼ぎのためか、それぞれの植物を購入できる、e-bayのサイトにリンクが張られています。
ヤシももちろん植わってます、ざっと見たところ、ユスラヤシモドキ、女王ヤシ、フェニックス類各種など
まあ、一般的なものばかりですが、その他、アロエディコトマのでかいのとか、
凄い種類の熱帯植物が惜しげもなく植栽されています。
これはもはや植物園だ!
【2008/04/22 22:05 】 | 雑記/日記 | コメント(10) | トラックバック(0)
投売りの季節
園芸店の裏や、棚下には、花が終わったり、葉が汚れていたり、痛んだ植物が結構あります。
そういった、鉢は高尚で、驚くほど安く手に入ります。
これはシンビジュームのKHAI LOVING FANTASY'More Je taime'
カイ ラビング ファンタジー
だそうです。
200円也
ヤシ栽培に有用なラン鉢を買ったと思えば、株はただ同然です。
庭の縁取りに植えて見ました。活着したらもうけもの、越冬したら万々歳です。
onebythreeblog_20080420_09.jpg

これは、よくわかりませんが、ドラセナの一種かな定価3000円が1000円
ちょっと高かったかも。
onebythreeblog_20080420_08.jpg

予算が無いので、熱帯庭園作りもセコク行きます。
【2008/04/20 08:58 】 | 熱帯庭園化計画 | コメント(6) | トラックバック(0)
共同購入にて
チョロさんのブログで開催された共同購入にて入手したものを備忘録をかねて紹介します。
購入したものは以下の苗
Agave attenuata 'Kara's Stripes' PPAF
画像なし
Agave gentryi 'Jaws'
onebythreeblog_20080420_04.jpg

Yucca aloifolia 'Variegata'
onebythreeblog_20080420_06.jpg

Yucca filamentosa 'Color Guard' (Variegated Yucca) 画像なし
Yucca gloriosa 'Variegata'
onebythreeblog_20080420_05.jpg

Yucca recurvifolia 'Variegata'
onebythreeblog_20080420_07.jpg

【2008/04/20 08:46 】 | 雑記/日記 | コメント(6) | トラックバック(0)
シルバーパームがやってきた
先週我が家にシルバーパームがやってきた。
onebythreeblog_20080420_01.jpg

最近、盛んに栽培されているようで、あちこちで目にします。
画像の苗は、ヤシマニアならば恐らく一度はお世話になっているんでは以下というほど有名な九州最南端は指宿の田中ヤシ園さんからのもの。
評判どおり、まったく痛みの無い、綺麗な状態で届いて感動です。
シロウトとは一味も二味もちがう栽培環境、栽培技術を感じます。
田中ヤシ園さんについては、近日中にクローズアップする予定です。
onebythreeblog_20080420_02.jpg

さて、シルバーパームですが、正式には
Coccothrinax barbadensis (Lodd. ex Mart.) Becc., Webbia 2: 328 (1908).
といいます。
原産はトリニダード・トバゴ、プエルトリコ、ヴァージン諸島、ベネズエラです。
気になる耐寒性は、結構あるようで、成木で、USDA Zones 9 - 12
まだ小さいので、冬季の保護は必要な印象があります。
コモ巻きすることを前提に地植え使用か考慮中
onebythreeblog_20080420_03.jpg
【2008/04/20 08:05 】 | ヤシおりおり | コメント(12) | トラックバック(0)
猛獣注意
我が家はちょっと珍しいというかかなり珍しいペットを飼っているんです。
その名は”トラ”
飼っている人は、PRINCESS TENKOくらいしかいないかもしんない。
onebythreeblog_20080413_07.jpg

どうです、この珍獣具合
油断すると噛み付きます。
Canna 'Bengal Tiger' (Orange Flowered Variegated Canna)
先日ウクレレさんのところから失敬してきました。
ウクレレさんありがとうございました。
つぎもかなりの猛獣
Musa sikkamensis 'Red Tiger'
onebythreeblog_20080413_09.jpg

ベンガルタイガーは地植え済み
レッドタイガーは梅雨明け頃に地植え予定です。
二匹もトラがいるので、泥棒除けにも最適ですね。
【2008/04/13 22:39 】 | 熱帯庭園化計画 | コメント(6) | トラックバック(0)
地球のすばらしい樹木たち
久しぶりの書籍紹介
今日紹介するのは、イギリスの歴史家がつづった、世界の巨樹、長寿の木、奇樹、聖木の本
文章は格調高く、写真は高品質ですばらしい内容です。
値段もすばらしいのがたまに傷ですが。

原題はRemarkable tree of the world
植物学者ではないので、学術的に植物を解説したものではないのですが、巨樹や神木といったテーマで、まずは
見た目で、強い印象を受ける木々を紹介してくれるのが、シロウトにはわかりやすいんです。
紹介されている樹木は・・
もちろんバオバブはマストで、その他
ジャイアントセコイア、
巨大なユーカリ、
モンテズマヌマスギ、
怪獣のようなレッドシーダー、
霧に包まれた屋久島の大王杉、
テネリフェ島の巨大な竜血樹などなど
日本の木も大王杉のほか、元麻布善福寺のイチョウや杉桙別命(すぎほこわけのみこと)神社の大クスも紹介されています。
とにかく写真がすばらしい、絵本や写真集としても一級品です。

ヤシソテツが紹介されていないのが唯一残念
画竜点睛を欠いてます
【2008/04/13 22:16 】 | ヤシソテツ図書館 | コメント(0) | トラックバック(0)
裏庭 ビフォーアフター
先週の記事で我が家のひどく荒れた裏庭を公開したんですが、その後の苦労のかいがあって、半分だけ綺麗になりました。
今日はその後の綺麗になった庭を公開します。
onebythreeblog_20080413_01.jpg

どうですか、この変わりよう。ここまで仕上げるのにマル二日かかりました。
onebythreeblog_20080413_02.jpg

すばらしいでしょう。
かるく雑草むしってマルチング材を敷いて終わりにしようと思ったのですが、宿敵が強力すぎて、裏庭をほとんど全面にわたって掘り返すことになりました。
onebythreeblog_20080413_03.jpg

一見完璧なのだがしかし・・・
onebythreeblog_20080413_04.jpg

まだしぶとく残っている宿敵のドクダミ氏
たいがいにしないと温和な僕もついには怒るよ!
ちなみに、マルチングしたのがこの材
針葉樹の樹皮を砕いたものだそうです。効果のほうはいかに!?
onebythreeblog_20080413_06.jpg

再来週に残りの半分を施工します。
onebythreeblog_20080413_05.jpg
【2008/04/13 16:11 】 | 熱帯庭園化計画 | コメント(6) | トラックバック(0)
庭の木 THORN TREE IN THE GARDEN
今夜はクラプトンでも聞きながら

エリック・クラプトンが一時在籍していた、ブルーズ、サザンロックバンドの名盤である本作「いとしのレイラ」
このアルバムに本投稿のタイトルである、THORN TREE IN THE GARDENという曲があります。
直訳すると、「棘のある樹木が植わっている庭園」あまりにも直訳なので、
邦題は「庭の木」となっています。

原題にあやかって、わがやの棘のヤシをいくつか紹介
地植えのカナリー 小葉が針状になります。
onebythreeblog_20080409_04.jpg

葉柄に逆刺あり。ビロウ
この冬かなり痛んで、瀕死の重傷
onebythreeblog_20080409_05.jpg

あとは棘なしのヤシ
2種とも種から
屋外(軒なし、保護なし、完全屋外放置組)越冬です。
ウーリーブラジルヤシ
onebythreeblog_20080409_06.jpg

チャボトウジュロ
onebythreeblog_20080409_07.jpg
【2008/04/11 00:02 】 | ヤシおりおり | コメント(5) | トラックバック(0)
ヤシの次に好きなもの
って比較の問題ではないのですが、音楽が好きなんです。
onebythreeblog_20080409_01.jpg

10年ぶりくらいにバンド活動にいそしんでいます。
onebythreeblog_20080409_02.jpg

突然ですが緊急告知
4/20にとある商店街のフリマ会場にて屋外ライブをやります。
興味がある人はいないと思いますが、
ご連絡いただければ、会場などをご案内します。

ちなみに、曲は・・
Highway star/Deep purple
Long live rock'n'roll/Rainbow
Knocking on heven's door/Gun's and roses
Wrathchild/Iron maiden
Born to be wild/steppen wolf

メンバーとは初めて会って2週間しか経ってないのですが、なんとかなりそうです。
onebythreeblog_20080409_03.jpg
【2008/04/10 23:21 】 | 雑記/音楽 | コメント(8) | トラックバック(0)
世界一!熱帯植物の植木市 その9
今日は、タイの植木市、熱帯果樹コーナーをご紹介
南国ならではの楽しい品揃えでした。
最初の画像は正直よくわかりませんが、なかなか綺麗な花です。
果樹じゃないかも。
onebythreeblog_20080408_01.jpg

つぎは、タイの有名なスープ、トムヤムにも必ず入れる、ハーブ
コブミカンの苗
onebythreeblog_20080408_07.jpg

種子がもうすぐ到着予定です。
onebythreeblog_20080408_02.jpg

お次は、シャカトウと、タマリンド
シャカトウは日本でも、沖縄あたりだと栽培していますね。
台湾も名産地です。
onebythreeblog_20080408_03.jpg

画面中央は再度タマリンド、右奥はランサかな?
onebythreeblog_20080408_04.jpg

ドリアンに、ランブータンにパンノキ
onebythreeblog_20080408_05.jpg

これもドリアン
onebythreeblog_20080408_06.jpg

もっともっと、たくさんの種類がありましたが、ヤシソテツに夢中で、そんなにウォッチする時間が無かったのが残念。
検疫の関係から国内には持ち込めないのも残念です。
【2008/04/08 23:46 】 | ヤシソテツ紀行 | コメント(6) | トラックバック(0)
実生バナナを植えた日曜日
種から育てたバナナを今年は上まくろうと以前書きましたが、その第一弾として、我が家で一番大きなムサ・ゼブリナを貧弱だったセフリジーヤシをフォローする感じで、玄関アプローチの正面に植えました。
onebythreeblog_20080407_03.jpg

このゼブリナというバナナは、葉に赤い模様が入り、偽茎や葉の裏が、ワイレッドに染まるという綺麗なバナナです。
onebythreeblog_20080407_01.jpg

種子から育てて、屋外越冬も経験して、問題なく元気です。
onebythreeblog_20080407_02.jpg

1ヵ月後にはずいぶん葉を出してくれるでしょう。
これで、トロピカル度がアップすれば良いのですが・・
屋外の別の箇所に植えてあったものを移植しました。
onebythreeblog_20080407_04.jpg

移植場所に穴を掘って、腐葉土を入れて、最後に水で決めて出来上がり。
しょうが目つながりで、もう一枚
すっかり越冬失敗と諦めていた赤いカンナが芽を出した!
こいつも今年は庭植えにしますよ。
onebythreeblog_20080407_05.jpg
【2008/04/08 00:04 】 | 熱帯庭園化計画 | コメント(11) | トラックバック(0)
監督不行届
来年以降の記録のために、お見苦しいものを数枚乗せていきます。
onebythreeblog_20080405_01.jpg

どうです、この汚らしさ。
我が家の裏庭なんですが、2年近くほとんど何の管理もしていなかったため、すさまじい有様
雑草生え放題、シダもじゃもじゃ、昨年抜いた雑草の残骸があちこちに散乱
近づきづらい環境になってしまっています。
奥のほうはもうすでに蕗の密林状態ですが、これから暑くなってくると、ミョウガも2メートル以上の葉を出すので、ますます近づきがたくなり、やぶ蚊の温床になります。
onebythreeblog_20080405_02.jpg

これではいかんと、思い直して、今年は最終兵器を投入することにしました。
そのファイナル・ウエポンがコチラ
onebythreeblog_20080405_03.jpg

秘密のベールならぬ、プチプチのベールに覆われたものがそれです。
これいったい何かわかりますか?
マルチングの新素材の針葉樹の樹皮を細かく砕いたものです。
これを敷き詰めることによって、雑草を抑えようというわけ。
施工の手順は、まず、雑草を可能な限り除去します。
onebythreeblog_20080405_04.jpg

まあこんな具合です。
でいよいよマルチング材を敷き詰めるんですが、その様子は明日公開します。
【2008/04/06 00:55 】 | 熱帯庭園化計画 | コメント(6) | トラックバック(0)
世界一!熱帯植物の植木市 その8
onebythreeblog_20080404_03.jpg

ポンデリングか?
と思われる、不思議な果実
残念ながら食しませんでしたが、世界にはいまだ見ない果物がたくさんあります。
というより、日常目に触れる果物は、世界中の果樹の数百分の一に満たないんでしょう。
onebythreeblog_20080404_02.jpg

こちらもはじめて見た果物、食べてみましたが、渋くってうまくは無いです。
でも現地タイではサトウにまぶしながら道行く人がつまんでいます。
onebythreeblog_20080404_01.jpg

以上、植木市のフルーツコーナーでした。
まだまだまだ続きます。
【2008/04/05 15:37 】 | ヤシソテツ紀行 | コメント(6) | トラックバック(0)
世界一!熱帯植物の植木市 その7
それでは待望の?ヤシや巡りにいってみよう!
まずはやはりヤシマニアがみんな大好きビスマルクヤシでしょう。
銀葉の掌状葉が美しすぎます。
非常にポピュラーなようで、ヤシ屋であれば、どこでもごく普通においてあります。
値段も安い!
onebythreeblog_20080403_1.jpg

次は日本でもポピュラーなトックリヤシの苗
onebythreeblog_20080403_2.jpg

おつぎは、衝撃的!
斑入りのクジャクヤシです。どうですこの美しさ
onebythreeblog_20080403_3.jpg

種子を入手してオークションにも出品していますが、はたしてこんなに綺麗な斑入り葉が出るか?
onebythreeblog_20080403_5.jpg

この手のヤシ苗もいっぱいあります。
コペルニキアが大人気のようです。
onebythreeblog_20080403_4.jpg

次は、マニラヤシ”ゴールデン”の実生苗
onebythreeblog_20080403_6.jpg

カンノンチクの斑入りも少しだけありました。
onebythreeblog_20080403_7.jpg

最後に紹介するのは、これもヤシマニア憧れのヨハネスティ、通称ダイアモンドジョーイ
onebythreeblog_20080403_8.jpg

タイ最高です!!
【2008/04/03 21:03 】 | ヤシソテツ紀行 | コメント(21) | トラックバック(0)
世界一!熱帯植物の植木市 その6
ひさしぶりの、タイ植木市の紹介だす。
onebythreeblog_20080402_2.jpg

タイは園芸マニアも細分化しているようで、ブロックごとに、ラン専門店、多肉店、ヤシソテツ店、シダ店、熱帯果樹店、植木屋などが固まっています。
ちょっと珍しいものを専門に扱う店もあります。
onebythreeblog_20080402_3.jpg

ホヤ店です。もちろん食べるほうじゃないよ。
ホヤにもマニアがたくさんいるようです。
onebythreeblog_20080402_5.jpg

これはよくわからん観葉
onebythreeblog_20080402_4.jpg

随分引っ張りましたが、次回以降はヤシ屋さんを紹介します。
【2008/04/02 22:06 】 | ヤシソテツ紀行 | コメント(2) | トラックバック(0)
今年はバナナで行くぞう
みなさま
年度末年度始いかがおすごしでしょう?
なんだか仕事がいそがし目なので、より一層現実逃避に拍車がかかります。
仕事やってる時間以外は熱帯庭園のことばかり考えてます。
今年のテーマはヤシとバナナ
特に、バナナは成長が早く耐寒性あるので、バシバシ植えようと思ってます。
ゼブリナ、トムソニー、へレンズハイブリッド、レッドタイガーなどなど種子が供給されている原種系のバナナは一通り蒔いて、ある程度苗ができたので、片っ端から植えてきます。
onebythreeblog_20080402_1.jpg

【2008/04/02 20:54 】 | 熱帯庭園化計画 | コメント(4) | トラックバック(0)
熱帯庭園化計画 4章
土曜日の作業の〆は、伐根した跡地に、ヤシ類を植えること
これで、大きな作業は全て終了です。
熱帯庭園化計画と大きく出ましたが、今年は、予算の都合上、計画の1/10くらいしかできませんでした。
本当は、シンボルツリーにでかいユッカでもおごりたいのですが、先立つものが無いので無理っす。
宝くじが当たったら、2メートルくらいのロストラータを買おうっと。
言い訳はそれくらいで、植えたヤシを紹介しましょう。
まずは、一番大きなカナリーヤシ
これは富福園のジュピターさんに譲ってもらったもの。
結構大きいです。
onebythreeblog_20080401_1.jpg

次に、シュロチク玄関脇のイメージがアジアンな感じになりました。
onebythreeblog_20080401_3.jpg

室内観葉用を真冬に急に屋外に出したので、若干霜の害で葉先に痛みがありますが、夏に回復するでしょう。
onebythreeblog_20080401_2.jpg

で、最後があまり紹介したくない、セフリジーヤシ
これはちょっと屋外越冬は無理があるかも。
今年の冬も出しっぱなしでしたが、かなりダメージがあります。
新葉はしっかり硬く展開中なので、枯れはしませんが、見た目がバッドで、迫力も無いので、将来的には、もう少しインパクトがあるものと交代するかも
onebythreeblog_20080401_4.jpg
【2008/04/01 00:44 】 | 熱帯庭園化計画 | コメント(10) | トラックバック(0)
熱帯庭園化計画 3章
大物の移植がすんだら、あとは低木類をどんどん移植したり、伐採します。
移植したのは、先日もアップした、絞りの綺麗な椿と、ハナモモ
画像は、彫り上げた椿です。
昨年の初夏に大々的にチャドクガにやられて、結構ひどい状態だったんですが、綺麗な花なので残すことに。
これは、庭の東側、擁壁の手前に植えることにしました。
onebythreeblog_20080330_04.jpg

これは、掘りあげた椿の根鉢
あんがい小さくて、移植に耐えるかちょっと心配です。
椿の跡地にはカナリーヤシを植える手はずになってます。
onebythreeblog_20080330_05.jpg

この作業後は、ひたすら不要な木を伐採しました。
伐採したのは、
椿 4本
柘植 1本
グアバ 1本
これによって、随分風通しのよい庭になりました。
今まで分け入れなかった庭の奥にも容易にアプローチできます。
【2008/04/01 00:08 】 | 熱帯庭園化計画 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ