FC2ブログ
世界ラン展日本大賞2008にいってきただ vol.5-最終回-
そろそろラン展ネタも飽きてきたので、最後にします。

最後に登場願うのは、ネット園芸友達(かってに友達になってもらいます。)のあきのりさんを紹介します。
あきのりさんラン展のために、はるばる四国からやってきました。
専門は、熱帯果樹なんですが、幅広くやっているとのこと。
ランも詳しいです。
onebythreeblog_20080302_6.jpg

初めてお会いしていろんな話ができて楽しかったです。
またお会いしましょう!

次に、初めて開花しているのを目の当たりにして感動したのが、こちらの
Angraecum sesquipedale
onebythreeblog_20080302_7.jpg

ダーウィンの進化論のソースとなった植物のひとつです。
蝶の口吻と長い距の関係に着目したわけです。
これでかくて、花も超美しいです。

最後の最後に直接ラン展とは関係ないのですが、ランのフラスコ苗を紹介しましょう。
onebythreeblog_20080302_5.jpg

画像にあるビンの中に、ラン(この場合パフィオペディラムの交配種)の実生が数株植わってます。
ヤシでは、袋播きがメジャーになってきましたが、ランの実生は、こういったフラスコでおこなうのが一般的。
随分大きくなって、はっきりいって外に出すタイミングを逸しています。
まあ、春に出しましょう
【2008/03/02 22:43 】 | ヤシソテツ紀行 | コメント(4) | トラックバック(0)
世界ラン展日本大賞2008にいってきただ vol.4
さんざんランは栽培しないといっておきながら、実は少しだけ買ってきちゃいました。
だって、すんごく綺麗だったんだもん。
というわけで、収穫物をしょうかいするだ。

まんずは、斑入りのコチョウラン、Phal amabilis
ごくごく普通のコチョウランの原種ですが、葉に斑が入ってます。
あまり珍しくもないようですが、はじめてみてすっかり目が釘づけに。
onebythreeblog_20080302_1.jpg


ちなみに枯れるリスクを考えて、二株ゲット
値段は、二株で2500円だったか・・・良く考えたら結構高いですね。
onebythreeblog_20080302_3.jpg


その他は、500円で叩き売っていた、バルボフィラムの原種を数鉢
onebythreeblog_20080302_2.jpg
onebythreeblog_20080302_4.jpg


コチョウランはなぜか相性がよいので、がんばって3年後の開花を目指すよ~
【2008/03/02 22:12 】 | ヤシソテツ紀行 | コメント(4) | トラックバック(0)
| ホーム |