FC2ブログ
Encephalartos umbeluziensis
スワジランド、モザンビーク産の熱帯ソテツ
耐寒性はあまりないとおもわれます。
onebythreeblog_20100818_2.jpg
結構でかくなりました~
onebythreeblog_20100818_3.jpg
【2010/08/19 20:23 】 | ソテツおりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
Macrozamia communis
一番ありふれたマクロザミア
耐寒性があって成長も早い
onebythreeblog_20100818_1.jpg
【2010/08/19 20:21 】 | ソテツおりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
Dioon merolae
またまたディオーン
どれも見た目は同じなので飽きてきます。
メキシコのチアパス、オアハカ両州の800-1200メートルの産地が自生環境
onebythreeblog_20100817_4.jpg
【2010/08/18 21:00 】 | ソテツおりおり | コメント(4) | トラックバック(0)
Cycas couttsiana
オーストラリアのクイーンズランド州産のソテツ
以前はCycas sp. 'Glen Idle Blue'
と呼ばれていて、最近ソテツの専門サイト
The Cycad Pages
で著名なKen Hillによって登録されたブルー葉ソテツ
自生環境は熱帯で夏は湿潤で37-21度
冬は雨が少なく乾燥しており25-8度の間で推移するようです。
種子は程度がよかったんですが発芽率が芳しくなく、苗がいくつもできなかったです。
onebythreeblog_20100817_3.jpg
画像の苗の葉はちょっと変形気味です。
【2010/08/18 20:51 】 | ソテツおりおり | コメント(6) | トラックバック(0)
Dioon edule var. angustifolium
いろんな呼び名があるディオーン
onebythreeblog_20100817_2.jpg
Dioon edule var. angustifolia
Dioon edule var. angustifolium
はたまた
Dioon angustifolium
Dioon edule subsp. angustifolium
メキシコのシエラ・マドレ山脈標高1,500-2,000メートルに産するようです。
onebythreeblog_20100817_1.jpg
ごらんのように他のディーンと区別が全くつきません。
【2010/08/18 20:42 】 | ソテツおりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
Macrozamia serpentina
21世紀になって記載されたオーストラリアのソテツ
クイーンズランド産なのでそれほど耐寒性は高くないと思われます。
onebythreeblog_20100816_9.jpg
地下茎のタイプで小型のようですが情報は少ないです。
【2010/08/17 21:56 】 | ソテツおりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
Dioon edule var.Rio Verde
ディオーンは新葉が紫がかってきれいです。
もっとも観賞価値があるのは新葉展開時かも
onebythreeblog_20100816_8.jpg
ディオーンの地域変種Rio Verde
メキシコの町リオ・ベルデが自生地のようですね。
リオ・ベルデはここ
ちいこい苗っこのうちはどれがどれだか皆目見当がつきません。
【2010/08/17 21:51 】 | ソテツおりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
Dioon holmgrenii
メキシコのオアハカ州太平洋沿岸に産するソテツ
高温にも低温にも耐えるとのこと
エデューレと見分けがつきません・・・
onebythreeblog_20100816_7.jpg
【2010/08/17 21:44 】 | ソテツおりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
Macrozamia miquelii
オーストラリアのニューサウスウェールズ州産のソテツ
onebythreeblog_20100816_6.jpg
マクロザミアはどれも同じに見えておもしろくないっす
これも実生後3年くらいは経っておる
【2010/08/16 21:16 】 | ソテツおりおり | コメント(1) | トラックバック(0)
Lepidozamia peroffskyana
どんどんいきましょう
オーストラリア産の耐寒ソテツ
onebythreeblog_20100816_4.jpg
葉が皮質でてかりがあります。
耐寒性があるといっても霜にあたると葉が焼けて見苦しくなるので、できればあてないほうが
成長はゆっくりです。
【2010/08/16 21:12 】 | ソテツおりおり | コメント(0) | トラックバック(0)
前ページ | ホーム | 次ページ